【ガンプラ素組みレビュー】 HGCE デスティニーガンダム

ZGMF-X42S DESTINY GUNDAM

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より、「HGCE デスティニーガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

HGの域を凌駕したクオリティの出で立ちで、合わせ目は考え抜かれたパーツ構成で目立つものはほんのわずか、そして自由度の高い可動域がありプロポーションもスタイリッシュにアレンジされています。

色分けは若干のシール補填または部分塗装が必要な個所はありますが、それほど目立つ部分ではなく対応も簡単なので、少し手を加えてあげるだけでただでさえ素組みでも完成度の高い本キットを、もう一段上のレベルの出来栄えにしてしまうことも可能です。

間違いなく良作キットの一つとして名前を連ねるレベルのクオリティで、何を組もうか迷ったときにはぜひ組んでみたいキットといえそうです。

引用:バンダイホビーサイト
HGCE 1/144 デスティニーガンダム

フロント

合わせ目処理が何もしなくてもほぼ完璧といっていいレベルで、文句のつけようのないクオリティに仕上がっています。

合わせ目が目立つような部位にくるところはしっかり段落ち処理がされていて、手を加えずともデザインとして楽しめるよう最大限の配慮がされています。

サイド

頭部側面の下半分と背部ウイングのレッド部分に合わせ目が見える程度で、サイドビューでも相変わらずのクオリティの高さを誇ります。

背部の装備が重いのと足が小さいので自立させるのはかなり神経を使いますが、自立が不可能というわけではないです。

リア

背部の装備は一部付属シールや塗装での色補填の必要がある部分がありますが、合わせ目が目立たないパーツ構成や段落ち処理で見栄えがかなり良いです。

ディティ―ル

アクション

M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲を構えてポージング。

背中に格納しているビーム砲を展開し、そのままハンドパーツで支える構造。

光の翼を展開し、MMI-714 アロンダイトビームソードを両手持ちで。

ビームソードは背中のラックより取り外し、展開してエフェクトパーツを取り付けます。

しっかり両手で保持すれば腕が下がってくることもありません。

RQM60F フラッシュエッジ2ビームブーメランを両手に。

両肩にマウントしているブーメランをハンドパーツに取り付けて、エフェクトパーツをセットします。

右手にはMMI-X340パルマフィオキーナ掌部ビーム砲、左腕にはMX2351ソリドゥス・フルゴールビームシールド。

掌部ビーム砲は開き手にエフェクトを取り付けることで再現します。

ビームシールドは、手の甲のイエローパーツに挟み込む形で固定します。

掌部ビーム砲もビームシールドも、両手どちらに取り付けることも可能です。

その他付属品等

付属ホイルシールにての色補填箇所は少なめで貼り付けても比較的目立ちにくい場所となるので、素組みでサクッと完成させたい方はすべて使用してもキットのクオリティを保てます。

上から順に、両手の掌部ビーム砲用の開き手と両手の武器持ち手が付属します。

MA-BAR73/S 高エネルギービームライフルはセンサー部分をホワイトに、引き金の上の「○」「□」部分をレッドに塗装が必要です。

エフェクトパーツが豊富に付属します。

MMI-714 アロンダイトビームソードは柄をブラックに、下先端をホワイトに塗装が必要です。

RQM60F フラッシュエッジ2ビームブーメランはそれぞれにエフェクトパーツが付属します。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました