【ガンプラ素組みレビュー】 HG ガンダムエアリアル

XVX-016 GUNDAM AERIAL

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ガンダムエアリアル」のガンプラ素組みレビューです。

ガンダム・エアリアルは機体設定としてかなり色分けが細かく、しかも曲線と直線がまじりあった複雑な造形をしていますが、HGで見事に1/144スケールに落とし込まれており素組みの簡単仕上げで満足度の高い完成品が楽しめます。

その分、他のガンダム主人公機のHGとくらべて組み立て方がやや複雑で、パーツ分けも細かめではあるので難易度としては少し上がりますが、初心者でも十分組み上げられる難しさにはおさえられています。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ガンダムエアリアル

フロント

複雑な造形と色分けにもかかわらず、素組みで十分満足できる高レベルの完成度となります。

合わせ目として目立つのはひざの装甲とビームライフル上部の後方くらいです。

サイド

ひとつひとつのパーツの立体感がよくでていて、HGなのに情報量満載です。

合わせ目として目立つのは肩の付け根の装甲くらいで、すばらしいつくりです。

リア

リアビューでは合わせ目が前面に目立ってしまい、脚部装甲の上から下までまっすぐ出てしまいます。

内部フレームが見えるつくりがメカメカしくてかっこいいですね。

ディティール

ビットオンフォーム

エスカッシャンから分離したビットステイヴを機体各所に接続することで、ビットオンフォームに移行できます。

ビットステイヴの取り付け箇所は以下画像のとおりです。

アクション

ビームライフルを構えて、アクションベース5でディスプレイ。

ガンダムベース限定「アクションベース5[水星の魔女イメージカラー]」を使用してディスプレイ。

エアリアルと相性がいいですね。

ビームライフルに大迫力のエフェクトパーツを取り付けることもできます。

ビットオンフォームでビームライフルを構えて。

劇中のダリルバルデ戦をイメージしてディスプレイ。

ビームサーベルはしっかりとハンドパーツに保持できます。

可動域がとても優秀で、ひざ立ちが簡単にきれいにきまります。

ハンドパーツとして握り手しか付属しないのが、すこし惜しいですね。

なお、開き手は別売りの「HG ミラソウル社製フライトユニット装備」に同梱されています。

別売りの「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を使用してビットの展開状態を再現できます。

すべてのビットを浮遊させるには、「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」が2セット必要です。

比較

HG ガンダム・ルブリスとならべてみました。

ぱっと見た感じは似ていますが、ディティール単位ではかなりの違いがあって興味深いです。

その他付属品等

付属のホイルシールは厚めのつくりで、貼りやすさと見映えの良さを同時達成しています。

胸部のシェルユニットはクリアブラックのパーツ(左画像)に差し替えることができ、クリアブラックのパーツの裏には接着面に印刷されたシールを貼ることとなります(右画像)。

胸部のみならず、ももとバックパックのクリアブラックパーツ内にも、発光状態(オレンジとブラック)か通常状態(ブラック単色)のシールを選択して使用します。

バックパックにビームライフルを接続するためのパーツ(左画像)が付属します。

接続すると、右画像のようになります。

ビームサーベルはバックパックに2本マウントされており、取り外して使用します。

エフェクトパーツも2本あるので、両手持ちが可能です。

ランナー

ランナーFはインモールド成形。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました