【ガンプラ素組みレビュー】HGUC クロスボーン・ガンダムX1

XM-X1 CROSSBONE GUNDAM X1

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』より、「HGUC クロスボーン・ガンダムX1」のガンプラ素組みレビューです。

15.9mの小型モビルスーツの1/144サイズとありガンプラとしても小型のキットですが、必要十分にメリハリのあるディティールで、かつパーツが細かすぎるということもないので組みやすく、バランスがとれたデザインにまとまっています。

HGUC版も付属武装が豊富で飾りごたえははありますが、多少組み立て難易度があがっても気にしない方や成形色での色分けにこだわる方はギミック満載の「RG クロスボーン・ガンダムX1」の方を選んでもよいかもしれません。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 クロスボーン・ガンダムX1

フロント

目立つ合わせ目は本体には見当たらず、腰に付けたバスターガンに見えるくらいです。

成形色での色分けは足りない部分がままありますが、小型のボディにして凹凸のディティールが凝縮されているので気になりにくい印象です。

サイド

側面から見ても、目立つ合わせ目は肩の装甲に一部見えるくらいで、あとはパーツ構成や段落ちモールドでディティール化されています。

リア

背部のX字型のメインスラスターユニットが目をひきます。

合わせ目としては、ひざより下の脚部中央にまっすぐ見えるくらいです。

ディティール

アクション

右手にビーム・ザンバー、左手にバスターガンをもってポージング。

アクションベース5を股下の接続穴に直接接続できます。

ビーム・ザンバーとバスターガンを組み合わせてザンバスター形態に。

ビーム・サーベルと足裏のヒート・ダガーで接近戦。

右手にブランド・マーカー、左手にヒート・ダガーを手持ちで。

ブランド・マーカーはビーム・シールドに差し替え可能です。

比較

「RG クロスボーン・ガンダムX1」と並べて比較しました。

色分けの細かさや機体設定にそったギミック満載な点ではRGに軍配があがりますが、自分で手を加えたりガシガシ動かして遊びたいならHGUCの方が楽しめそうです。

ビーム・ザンバーやバスターガンの色設定(HGUCは一部グレー、RGは一部イエローの配色)も異なります。

残念ながら、「RG クロスボーン・ガンダムX1」にのみ付属のA.B.C.マント(アンチ・ビーム・コーティング・マント)とは互換性がなく、きれいに装着させるには若干の改造が必要です。

コア・ファイター

コア・ファイターのコクピットのメインブロックは真っ白の別パーツで、スラスター部分はガンダム本体から取り外して差し替える仕様です。

アクションベースに対応する接続穴が下面にあります。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填箇所は多めで、全部貼るとチープっぽさが出てしまいそうです。

できれば部分塗装で対応したいキットですね。

頭部にフェイスオープン機構はなく、組み立て中にパーツを選択する方式です。

一回組み上げると差し替えに若干手間どる構造(頭部パーツをすべて分解しないとならない)なので注意です。

ハンドパーツは3種類で、ザンバスター用に手首が延伸したパーツは右手のみです。

豊富な武装類が付属します。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました