【ガンプラ素組みレビュー】HG ガンダムルブリス [リサーキュレーションカラー/ネオンピンク]

XGF-02 GUNDAM LFRITH

[RECIRCULATION COLOR/NEON PINK]

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ガンダムルブリス [リサーキュレーションカラー/ネオンピンク]」のガンプラ素組みレビューです。

セブンイレブンのみで買える、「HG ガンダムルブリス」のカラーバリエーションキットではありますが、プラスチックの原材料がガンプラ生産時の余剰部分やモデラーから回収したランナー等からつくられたリサイクル材「エコプラ」となっていて、プラモデルの未来を感じさせる画期的なキットとなっています。

地球環境を守りながらスタイリッシュなプラモデルを楽しみ続ける、スタイリッシュなプラモデルを楽しみ続けるために地球環境を守る、そんなプラモデルとの今後の付き合い方を考えされてくれるという意味で奥深いキットとも言えます。

2022年11月11日発売。

フロント

漆黒の成形色をベースに、ショッキングピンクの差し色が鮮やかに映えます。

通常のガンダムルブリスよりも明るく強い発色のピンクが使用されています。

サイド

ベースとなるキット「HG ガンダムルブリス」自体の完成度が高いので、色違いとなってもそのクオリティは健在です。

合わせ目はふともも側面にでるくらいで、他は目立つものはありません。

リア

バックパックがショッキングピンク一色なのでリアビューは目がちかちかするレベルですが、造形が複雑な凹凸からできているので独特の味があります。

ディティール

ビットオンフォーム

シールドから分離したビットステイヴをレシーバーガンやバックパックに取り付けることで、ビットオンフォームに移行します。

バックパックが重くなるので、自立は不安定で重心調整が必要となります。

アクション

アクションベース5を使用してビームブレイド展開状態に。

アクションベースに対応する接続穴が股下にあります。

バックパックにマウントされたビームサーベルを1本取り出して。

もちろん、両手に同時持ちもさせることができます。

ビットオンフォームでガンビットライフルを構えて。

ビットオンフォームは自立が不安定なので、アクションベースを利用したディスプレイを推奨です。

別売りの「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を2セット使用すれば、すべてのビットステイヴの浮遊状態が再現できます。

比較

ベースキットとなる「HG ガンダムルブリス」と並べてみました。

パーツ構成は全く同じなので、パーツを入れ替えて組み替えるような遊び方もできます。

2022年11月11日発売のセブン-イレブン限定ガンプラを並べてみました。

どれも独特なカラーリングながら完成度が高く、満足度の高いキットたちです。

その他付属品等

「HG ガンダムルブリス」には付属していたインモールド成形の胸部シェルユニットパーツは付属しません。

本キットのみに付属のマーキングシールで、各所のピンクおよびブラックの色補填と「Re」のマーキングをします。

「HG ガンダムルブリス」にも付属するホイルシールがそのまま付属します。

使用するシールは[6][7]のみで、胸部シェルユニットの発光状態[6]または非発光状態[7]の選択に使用します。

シール[6][7]は裏面の接着部に印刷されているので、画像では同じに見えます(詳しくは「HG ガンダムルブリス」参照)。

ランナー

商品リスト

セブンネットショッピング

※セブンネットショッピングにて抽選販売受付

 期限:2023年1月26日~2023年2月5日

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました