【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC 89式ベースジャバー

TYPE89 BASE JABBER

『機動戦士ガンダムUC』より「HGUC 89式ベースジャバー」のガンプラ素組みレビューです。

たった3枚のランナーでお手軽につくれるわりにディティールが細かく造形されており、MS(モビルスーツ)と飾ることでMSが一気に魅力的に引き立つ名脇役的なキットです。

本体の重量と搭載させるMS(1~2体)の重量や安定感を考えると、アクションベース1のような固定力の高いディスプレイスタンドを用意して、MSの転落に気をつけながら楽しみ尽くしたいですね。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 89式ベースジャバー

フロント

たった3枚のランナーで簡単につくれますが、モールドラインやパーツ分割でかなり情報量の高い造形になっています。

コクピット先端に合わせ目が出ています。

サイド

コクピット側面の部位とブースタ―ユニット側面に合わせ目が見えます。

胴体側面の合わせ目はディティールとして残して活用してもよさそうですね。

アクションベースを使用せず降着状態にすることも可能です。

リア

あまり目立ちはしませんが、ブースターユニットの両端と本体のダークグレー色の部分に合わせ目が出ます。

ボトム

本体下面には大型のプロペラントタンクが装着されています。

アクションベースに対応した接続穴もありますが、安定したディスプレイを楽しむならば画像のようにアクションベース1の使用をおすすめします。

ディティール

アクション

「HGUC ジェスタ」とディスプレイ。

「HGUC ジェスタ・キャノン」とディスプレイ。

立たせて飾っても映えますが、安定感はないので転落に注意です。

「HGUC ジェガン」と「HGUC ジムⅢ」を上下に配備してディスプレイ。

横の接続穴とアクションベース1を接続することで、真横向きの大胆なポージングも可能です。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填は少なめながらも面積は大きめ。

使用してもそれほど浮いて見えないので、積極的に使用してもいいかもしれません。

ランナー

ランナーBは個包装なしでそのまま箱に入っています。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました