【ガンプラ素組みレビュー】 HG ティックバラン

TICKBALANG

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ティックバラン」のガンプラ素組みレビューです。

サブ・フライト・システムなのでディスプレイの名脇役として、モビルスーツの魅力を引き出してくれるキットではありますが、このティックバラン自体の完成度が高く単体でも十分楽しませてくれます。

ギミックが満載で、トップハンドルやアンダーハンドルの展開、フットレストやランディングギアの差し替えなしでの展開、各所のノズルの可動を駆使することで、ディスプレイの幅が何倍にも広がりそうです。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ティックバラン

トップ

目立つ合わせ目はなく、成形色も落ち着いた発色でプラスチックのチープさを感じません。

付属シールをすべて使用しましたが、悪目立ちすることもなくなじんでいます。

フロント

パーツ構成が巧みで、合わせ目がでないようなつくりになっています。

ダクト内部のディティールはグレーに塗装が必要です。

サイド/リア

ブースター内部までモールドで細かく形作られており、シンプルな機体ながらも各所にこだわりを感じます。

ボトム

ボトムにはランディングギア、アンダーハンドル、アクションへ―ス4への接続穴展開といったギミックが満載です。

ランディング

ランディングギアをすべて展開すれば、駐機状態でディスプレイができます。

ディティール

アクション

別売りの「HG ザウォート」をのせてディスプレイ。

トップハンドルにハンドパーツを固定してディスプレイしています。

アンダーハンドルにハンドパーツを固定して、「HG ザウォート」を牽引。

きれいにぶら下がることができます。

その他付属品等

色補填用のホイルシールが付属します。

使用しても悪目立ちせず、きれいになじんでくれます。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました