【ガンプラ素組みレビュー】 HG アトラスガンダム (GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)

RX-78AL ATLAS GUNDAM

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』より、「HG アトラスガンダム (GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)」のガンプラ素組みレビューです。

RGに一歩足を突っ込んだようなディティールやギミックのクオリティの高さで、付属マーキングシールも充実しています。

ただ、デザイン上色分けが細かいこともあってHGとしては色分けが対応しきれないのか、付属ホイルシールでの色補填箇所が多いのが唯一といってもいい弱点です。

色補填が必要な個所は細かいところばかりなので、設定に忠実なアトラスガンダムを作り上げたいのであればそれなりに経験値のあるモデラーでないと難しいかもしれませんが、キットの完成度自体が高いので素組み派モデラーでも十分楽しめるはずです。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)

フロント

パーツ分けがHGとは思えないレベルで細かめで、あらゆるところに段落ち処理が施されているので目立つような合わせ目はありません。

色補填が多くの箇所で必要なキットではありますが、画像作例のように付属シールでの色補填をほぼしていない素組み状態でも十分楽しめるクオリティの高さです。

サイド

レールガン、ブレードシールド、サブレッグどれをとっても大ぶりな装備で、本体は小柄ながらも存在感がすさまじいです。

合わせ目としては本体とサブレッグをつなぐ接続パ―ツに見えるくらいです。

リア

ガンダムタイプにしては珍しい球体関節があちらこちらに見え、武骨で筋肉質な印象を受けます。

後ろから見ても、合わせ目として目立つのは本体とサブレッグをつなぐ接続パ―ツくらいです。

ディティール

アクション

サブレッグを上にもってくることで動的で立体的なディスプレイになります。

サブレッグの接続パーツと胴体が干渉しやすいので、このディスプレイの時だけサブレッグの左右を入れ替えました。

飛行形態

サブレッグを足元にもってくることで飛行形態を再現できます。

サブレッグには足裏と接続できる軸がついているので、安定して固定できます。

飛行形態のままアクションベースでディスプレイしても動きがでてポージングが決まります。

潜航形態

サブレッグの間にブレードシールドを挟み込むことで潜航形態にフォームチェンジできます。

その他付属品等

ホイルシールでの色補填箇所はかなり多め。

本体の完成度が高く、シールを大量に使用すると浮いてしまいがちでもったいないので、できれば部分塗装で対応するかいっそ画像作例のようにシールをほぼ使用しない選択もありかと思います。

マーキングシールも付属し、RG並みの充実度です。

マーキングシールの透明部分が目立つのが嫌というこだわりがある方は、別売りのガンダムデカール「GD 114 機動戦士ガンダム サンダーボルト汎用1」を使用したほうが出来栄えは断然よくなりますが、水転写式なので慣れが必要です。

ランナー

ポリキャップはなし。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました