【ガンプラ素組みレビュー】 MG ガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0 (エゥーゴ)

RX-178 GUNDAM Mk-Ⅱ [A.E.U.G.]

『機動戦士Zガンダム』より、「MG ガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0 (エゥーゴ)」のガンプラ素組みレビューです。

ガンダムMk-Ⅱといえばムーバブル・フレームですが、1/100スケールキットでも外部装甲と内部フレームの連動機構が堪能できるようギミックがギュッと詰まっていて、動かしても飾っても楽しめるキットに仕上がっています。

パイプ部分はプラスチック素材ではなくメッシュ状のPET樹脂素材で表現されており組み立て方が少し特殊な部位もありますが、説明書がわかりやすくランナーのパーツの配置も合理的で、思いのほか簡単に組みあがります。

大型のディスプレイスタンドが付属するものうれしいポイントです。

引用:バンダイホビーサイト
MG 1/100 ガンダムMk-2 Ver.2.0(エゥーゴ)

フロント

付属装備を全のっけで。

スタイリッシュな印象のリバイブ版のMk-Ⅱとはまた違う、どちらかというと「HGUC スーパーガンダム」に付属の旧バージョンのMk-Ⅱのシルエットに近いがっしりした体型です。

サイド

頭部側面とショルダーアーマー下の肩装甲に縦に合わせ目が見えますが、その他の部位はパネルラインとして機能しており気になりません。

リア

バックパック、ひざ裏、足首のパイプはメッシュ状のPET樹脂素材で表現されていてアクセントになっています。

バックパック上部には縦にパーティングラインがみえますが、合わせ目ではないので簡単処理で消すことができます。

ディティール

アクション

ひざ立ちでビーム・サーベルを抜くしぐさ。

可動域が腕部も脚部もとても優秀で、ムーバブル・フレームの思想を1/100スケールキットでも体現しています。

ビーム・サーベルのエフェクトは大迫力の長さ。

キックで近接戦闘。

アクションベースへの接続パーツはないので、アクションベース4の付属パーツで股下に挟み込み固定しました。

ハイパー・バズーカを肩掛けでポージング。

グリップが可動するので難なくディスプレイできます。

ディスプレイスタンド

カタパルトデッキを模したようなディスプレイスタンドが付属します。

付属のパイロットや整備クルーを配置して、整備中のMk-Ⅱを再現できます。

ディスプレイスタンドと整備クルーは付属のリード線でつないで浮遊状態を表現します。

フットレストはスライドさせると発進待機状態の形状にできます。

Mk-Ⅱを乗せて発進待機状態。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填は基本的にはセンサー類ですが、シールド側面のイエロー部分が面積が大きく目立ちます。

マーキングシールも付属します。

さらには摩擦で転写するガンダムデカールも付属。

転写式はシールのように表面に凹凸がつかず、きれいになじむのでうれしいですね。

左画像は切り取ってパイプ部分に使用するメッシュ状のPET樹脂素材で、切り取るサイズは説明書に実寸大のものさしで指示があります。※組み立ての際はハサミをお忘れなく

右画像はディスプレイスタンドと整備クルーをつなぐリード線です。

1/100スケールのフィギュアが付属し、画像上はパイロットの立ち姿、画像左と右は整備クルーです。

上からハイパー・バズーカ、ビーム・ライフル、バルカンポッドが付属します。

アクションベースに接続するギミックはないので、別売りのアクションベース4に付属する挟み込みパーツを股下に装着してディスプレイしました。

ランナー

J2ランナーはレッドの成形色の上にシルバーメッキでコーティング。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました