【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ハンブラビ

RX-139 HAMBRABI

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC ハンブラビ」のガンプラ素組みレビューです。

劇中で強敵として現れその異形なシルエットからもインパクトの強い機体ですが、独特なプロポーションや変形ギミックなどが高クオリティで1/144に落とし込まれています。

合わせ目が目立つ箇所が多かったり、可動域が装甲と干渉して限られるなどややクセのあるキットですが、色分けは部分塗装で十分見栄えがよくなるレベルですし、独特な機体構造をさわって楽しめるので、手に取る価値が高いキットです。

3体そろえて劇中の三機編隊を再現したくなりますね。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ハンブラビ

フロント

劇中のインパクトあるシルエットがそのままに立体化されています。

合わせ目は結構目立ってしまい、脚の付け根やすね前面にでています。

サイド

かなり独特な構造をしているので、側面からじっくり見るのも楽しめます。

目立つ合わせ目は、頭部側面、ショルダーアーマー上部、肩の付け根、手の甲あたりでしょうか。

リア

各部のグリーンの動力パイプがアクセントとなり、異形な姿を一層引き立てます。

背部ビーム・ライフルと脚の付け根からかかとにかけて合わせ目がしっかりでているので、こだわる方は合わせ目消しは必須となります。

ディティール

アクション

左手にフェダーイン・ライフルと右手に海ヘビ。

フェダーイン・ライフルは装甲と干渉し、ハンブラビ本体の稼働域もそれほど広くなく、きれいに持たせるのはけっこう難しめです。

海ヘビの先端は分離し、付属のリード線とつなげて射出状態を再現できます。

ビーム・サーベルはハンドパーツの穴に通すだけなので、保持力は弱め。

開き手も付属するので、表情づけがしやすいです。

モビルアーマー形態

パーツ差し替えなしでモビルアーマーに変形します。

モビルスーツ形態のあの姿から完全変形で、モビルアーマー形態でもこの独特かつ洗練されたシルエットに変化するとは、デザインの卓越性に驚かされます。

モビルアーマー状態で角度をつけてディスプレイ。

上面から見るのとはまた違った雰囲気がでて、楽しみ方が広がります。

その他付属品等

画像作例では、付属ホイルシールでモノアイとモノアイレールのみを色補填しました。

モノアイは1枚予備として残ります。

フェダーイン・ライフルは形状がユニークでかっこいいですが、装甲と干渉しやすくポージングが決めにくいのが難所。

海ヘビと付属のリード線。

ポージングさせてもしっかりと保持してくれ、ストレスなくディスプレイできます。

ビーム・サーベルは2本付属します。

ハンドパーツに固定できずスポスポと抜けてしまうので、ポージングは慎重に。

ハンドパーツは上から、両手の握り手、両手の武器持ち手、左手の開き手です。

モビルアーマー形態時に使用するアクションべース接続用パーツが付属します。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました