【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC Ξガンダム

RX-105 XI GUNDAM

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』より、「HGUC Ξ(クスィー)ガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

大型キットとなるクスィーガンダムで箱も大きくランナー数もHGにしては多めですが、組み立てが難しいということもなく、むしろひとつひとつのパーツが大きくサクサク組めるので、気持ちに余裕をもって作成過程を楽しめてしまえます。

キット自体の完成度がとても高くディスプレイ映えは言わずもがな、手に持った時のずっしりとした重量感は一種の完成後の達成感を味わわせてくれるでしょう。

フライト・フォーム時は幅をとるので、ディスプレイのスペースを広く確保してから組み上げたいです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 Ξガンダム

フロント

大型の機体なので、1/144でもその存在感と迫力はすさまじいものです。

全体的に素組みでもケチがつかない出来栄えで、正面から見て目立つ合わせ目はなきに等しく、あえていうなら両肩にマウントされたビーム・サーベルとビーム・ライフルに見えるくらいです。

パーツひとつひとつが大きいので、モールドに墨入れして立体感を出したいですね。

サイド

横から見ても完璧といっていいくらいの造形でクスィーが表現されています。

合わせ目もショルダーアーマー間のブルーのパーツにかるく見えるくらいです。

ショルダーアーマー内の裏打ちが重厚感を醸し出しています。

リア

背部のスタビライザーのボリュームが、ただでさえ大きな本体のシルエットをさらに巨大に見せます。

スタビライザーはパーツを合わせて組むので中央に合わせ目がでますが、それほど目立たないですね。

ディティール

アクション

アクションベース5を使用してビーム・ライフル狙撃体勢。

大型キットなので、アクションベース5だとぎりぎりの保持といった感じです。

安定感が不安な方は、アクションベース1かアクションベース4のほうが良いかもしれません。

ビーム・サーベルは柄の両端にビーム刃が形成されます。

上部に長いエフェクトパーツを、下部に短いエフェクトパーツを取り付ける仕様。

握り手でしっかり保持できるので、アクションポーズに自由度がでます。

つま先変形状態でディスプレイ。

アクションベース5だとつま先が接地するぎりぎりです。

フライト・フォーム

つま先変形状態からフライト・フォームへ変形。

奥行きがでて、より立体的なディスプレイが楽しめます。

パーツの差し替えは、背部スタビライザーの角度を水平にかえるための接続パーツのみです。

フライト・フォームではショルダーアーマーの引き出しギミックで、内部フレームの露出度が増えます。

その他付属品等

付属のホイルシールにて色補填が可能(詳細は「ディティール」を参照)。

巨体のわりに色分けがかなり良くできているので、シール補填箇所は部分塗装で対応してもよさそうですね。

左画像のハンドパーツが付属。

上から両手の開き手、両手の握り手、右手のビーム・ライフル用握り手です。

右画像のように、開き手はびっしりディティールが詰まっています。

スタビライザー接続軸の差し替えパーツが付属。

上がモビルスーツ状態、下がフライト・フォームで使用するパーツです。

アクションベース接続用のパーツ。

本体股下に接続用の穴がありますが、アクションベースには対応していないのでこちらのパーツを使ってアクションベースに接続します。

ちなみに、「HGUC ペーネロペー」にも対応しています。

別売りにはなりますが、水転写式のガンダムデカール(ガンダムデカールNo.122 HG 1/144 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ汎用 1)で情報量を増やすことができます。

クスィーはひとつひとつのパーツが大き目なので、デカールや墨入れでより引き締まった印象を演出することができます。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました