【ガンプラ素組みレビュー】 MG ユニコーンガンダム

RX-0
UNICORN GUNDAM

『機動戦士ガンダムUC』より、「MG ユニコーンガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

「ユニコーンガンダム Ver.Ka」のリニューアル版に相当する「MG ユニコーンガンダム」で、デカールの種類は大幅に減りつつも、装甲の形状の一部マイナーチェンジや、武装類や一部の装甲と内部フレーム全体、そしてサーベルエフェクトの成形色変更が施され、さらには一部の新規造形パーツも追加されることでしっかり差別化されています。

ほぼ完全変形でユニコーンモードからデストロイモード(レッドカラー)に移行できる複雑な構成をしているので、独特の内部構造を楽しめる反面組み立て難易度はやや高く、構造の複雑さから可動域が狭く一部ポロリしやすいパーツもありますが、ホワイトの装甲と蛍光レッドのサイコフレームの色彩が鮮やかでディスプレイ映えする良キットです。

引用:バンダイホビーサイト
MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム

フロント(ユニコーンモード)

まずはユニコーンモードから見ていきます。

ほぼ真っ白の見た目ですがパーツとパーツの継ぎ目がパネルラインとなってディティール化するので、物足りない印象は全くありません。

わずかな隙間からレッドに発光したサイコフレームが見えてしまうので、設定を忠実に再現したいのであればサイコフレームを非発光状態のグレーに塗装する必要があります。

サイド(ユニコーンモード)

ユニコーンモードではややマッシブな見た目で、装甲パーツ同士のかみ合わせががっちりとしているので安定感があります。

リア(ユニコーンモード)

シンプルな色使いながらも、複雑な形状のパーツが折り重なって立体感を生み出し、情報量が多く感じます。

フロント(デストロイモード)

ほぼ完全変形(一部パーツ付け替えや一度パーツを分離する必要あり)でレッドカラーのデストロイモードに移行します。

内部フレームが延伸したりホワイトの装甲の隙間が空いたりで、ユニコーンモードと比べるとフニャフニャ感が増えて不安定になります。

胴体、ふともも、くるぶし付近が上下に延伸する関係で身長が伸び、縦に細長いシルエットに変化します。

サイド(デストロイモード)

ホワイトの外装に蛍光色のクリアレッドのパーツで表現されたサイコフレームが映え、劇中さながらのキラキラしたような表現が楽しめます。

リア(デストロイモード)

「MG ユニコーンガンダム」では内部フレームや足部とバックパックのブルーのパーツがメタリック調に変更されており、そこにサイコフレームの蛍光レッドがのることでより高級感ある仕上がりとなります。

変形

右半身をユニコーンモード、左半身をデストロイモードにしてビフォーアフターを比べてみました。

右脚と左脚で長さが変わっていますが、ふとももとくるぶし付近の内部フレームが延伸する影響です。

以下、フロントビュー、サイドビュー、リアビュー、シールドのユニコーンモードとデストロイモードを比較画像として並べています。

アンテナはユニコーンモードとデストロイモードのディスプレイ用固定式のものと、どちらにも変形可能な可動式のもので合計3点が付属します。

デストロイモードのディスプレイ用固定式アンテナは、「MG ユニコーンガンダム」で追加された新規パーツです。

ディティール

アクション

ユニコーンモードにてハイパー・バズーカを肩掛けに。

グリップは可動しませんが特に苦労なく肩掛けにできました。

デストロイモードでビーム・マグナムを構えたポージング。

そもそも「MG ユニコーンガンダム」の可動域が狭く、ハンドパーツの保持力も弱いことでダイナミックなポージングは難しいところに、デストロイモードでのパーツかみ合わせの不安定感が加わり、ポージング難易度は高めとなります。

ビーム・サーベルはしっかりハンドパーツにかみ合い、保持力良好です。

サーベルエフェクトの色は「ユニコーンガンダム Ver.Ka」ではピンクでしたが「MG ユニコーンガンダム」ではペールブルーに変更されています。

ビーム・トンファーを展開してポージング。

エフェクトパーツは2本付属するので、もちろん両手に取り付けることもできます。

ビーム・マグナムやハイパー・バズーカ、予備マガジン類はすべて本体にマウントすることができます。

その他付属品等

付属ホイルシールでデストロイモード時に露出するアンテナ前面のゴールドとツインアイ、頭部各センサーやビーム・マグナムとハイパー・バズーカのセンサーを色補填できます。

マーキングシール(左画像)や摩擦転写式のガンダムデカール(右画像)も付属するので、お好みで情報量を増やすことも可能です。

ビーム・マグナムは付属するエネルギーパック3セットのうち1つを装填するギミック付きです。

武装類は成形色の変更がされており、「MG ユニコーンガンダム Ver.Ka」ではネイビーブルーだったものがグレーになっています。

ハイパー・バズーカのマガジンも装填する仕様です。

ビーム・サーベルの柄はバックパックに2本、両腕に1本ずつの合計4本が付属します。

ただし、エフェクトパーツは2本のみ付属となります。

股下に使用するアクションベース用の接続パーツが付属します。

1/100スケールのノーマルスーツを着用したバナージ・リンクスの立ちフィギュアが付属です。

ランナー

ランナーH~MとランナーPは「MG ユニコーンガンダム Ver.Ka」と比べるとメタリック調の成形色に変更。

ランナーNは「MG ユニコーンガンダム Ver.Ka」のネイビーブルーからグレーに成形色変更。

ランナーR1,R2は「MG ユニコーンガンダム Ver.Ka」にはない新規パーツで、デストロイモードの固定アンテナが新規となり、頭部、後腰部、脚部側面とふくらはぎの装甲のパーツ形状がマイナーチェンジ。

ランナーSB1は「MG ユニコーンガンダム Ver.Ka」ではクリアピンクだったが、「MG ユニコーンガンダム」ではクリアペールブルーに変更。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました