【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC バーザム

RMS-154 BARZAM

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC バーザム」のガンプラ素組みレビューです。

本編であまり活躍の場をもらえなかった不遇の機体ですが、ガンプラとしてはかなり優遇されていて、合わせ目がほぼ目立たずしかも色分けやディティールも細かくとても優秀というクオリティの高さで、素組み派モデラーにはもってこいのキットに仕上がっています。

設定上開発の基礎となったガンダムMk-Ⅱ(「HGUC ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様) ‐REVIVE‐」)のバックパックと互換性があるので、開発系譜に思いを馳せながら、パーツを組み替えてみる楽しさもあります。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 バーザム

フロント

全体的にマットで落ち着いた成形色のバーザムが組みあがります。

素組み完成度は非常に高く、パーツ構成が優秀なためこれといって目立つ合わせ目はありません。

サイド

横から見ても高い完成度に変わりなく、手を加える余地がある部分を探すのに苦労するレベルです。

粗探しをするのであれば、ショルダーアーマーのダクトにわずか合わせ目が見える程度ですがかなり目立ちにくいです。

リア

頭頂部にわずか合わせ目が見えるのみで、やはり全方位からみてもすばらしい出来です。

一見腕部に合わせ目があるように見えますが、これはサーベル・ラッチで設定上スライド開閉する部分(本キットでは取り外し式)なのでカウント外です。

ディティール

アクション

ビーム・ライフルを本体に接続しエネルギー供給状態でポージング。

ポリキャップの使用が少ないキットで、やや関節部のパーツが繊細なのでねじ切らないようにゆっくりポージングさせることをおすすめします。

ビーム・サーベルのエフェクトは長めのクリアイエローのパーツ。

若干保持力は弱めの印象ですが、劇中のゼータガンダムを襲撃するシーンを再現するには十分です。

比較

設定上開発の基礎となった「HGUC ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様) ‐REVIVE‐」と並べて。

バルカン・ポッド・システムの思想を受け継いでいる部分は目に見えてわかりやすいですね。

バックパックを外すと、「HGUC ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様) ‐REVIVE‐」のバックパックと互換性のある接続穴があります。

後継機として、Mk-Ⅱのバックパックを換装して使用することもできます。

Mk-Ⅱのバルカン・ポッド・システムは残念ながら互換性がなく、きれいに取り付けることはできませんでした。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填箇所は少なめ。

これくらいの面積なら、ガンダムマーカーなどでかるく部分塗装でも十分対応できそうです。

ハンドパーツは左右の握り手と開き手が付属。

バルカン・ポッド・システムは脱着可能。

両腕部のサーベル・ラッチ内にビーム・サーベルの柄を格納。

キットでは設定上のスライド機構はなく取り外し式になっています。

エフェクトをつけて手に持たせる場合は、格納用のサーベル柄(上画像)ではなく手に持たせる用(下画像)のパーツを使用します。

ビーム・ライフルは本体からのエネルギー供給式なので肩部に接続する延長パイプとなるパーツを使用します(上画像)。

パーツ差し替えすることでパイプが格納された状態のビーム・ライフルも表現できます(下画像)。

ランナー

ポリキャップはほぼ使わず、その他2/3程度のパーツが余剰として不使用。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました