【ガンプラ素組みレビュー】 MG ハイザック

RMS-106 HI-ZACK

『機動戦士Zガンダム』より、「MG ハイザック」のガンプラ素組みレビューです。

MGにしてはサクサクと手軽に組めるほうで、HGUC ハイザックよりもマッシブで重厚感のあるシルエットのハイザックを楽しむことができます。

頭部と腰部の動力パイプがすべて別パーツ化されておりビーズを紐に通すような繊細な作業が発生するのと、その他の動力パイプはゴム製になっているので組み立て方に若干クセがあり、もしかしたら初心者の方は途中苦戦するかもしれません。

ですが根気強く作れば必ず仕上がる難易度なので、ハイザック好きな方は経験問わず組んでみることをおすすめしたいです。

引用:バンダイホビーサイト
MG 1/100 ハイザック

フロント

スタイリッシュというよりは、ずっしり重量感が見た目を通じて伝わるようなマッシブで魅力的なシルエットです。

古めのキットではありますが、MGということもありフロントビューでは気になる合わせ目は見当たりません。

サイド

サイドビューではスパイクアーマーに合わせ目が目立ち、腕部のパイプ付近にも若干の合わせ目が発生します。

身体を這うように配置された動力パイプが形状・質感ともに全体としてのクオリティを底上げしています。

リア

後頭部に縦に合わせ目が発生するくらいで、他は特に目立つ合わせ目はありません。

ハイザックに特徴的なバックパックの造形が目をひきます。

見えにくいですが、腰にはビーム・サーベルを格納しています。

ディティール

アクション

ザク・マシンガン改を構えてポージング。

ハンドパーツへの接続軸はなく、指の稼働で武器を支えるのでやや保持力が不安定。

肩には関節の引き出し機構があるので、両手持ちは簡単です。

ビーム・サーベルはクリアイエローの大迫力エフェクトパーツで表現。

やはり手の保持力はやや弱めです。

大型のヒート・ホークを両手持ちで。

ヒート・ホークは色分けが足りていないので(「その他付属品等」参照)、ディスプレイするときは塗装したほうが格好良くきまりそうです。

ビーム・ライフルで狙い撃ち。

このジオンと連邦のごった煮感がハイザックの魅力ですね。

ミサイルポッド発射体勢にてディスプレイ。

左右それぞれ3基のミサイルはそれぞれ分離し、発射後の表現も可能です。

股下にアクションベース用の接続穴はないので、アクションベース4と付属の挟み込み用パーツを使用しました。

比較

「HGUC ハイザック」(右)と並べて比較。

MGの方がマッシブ感が強調されたプロポーションになっています。

合わせ目の少なさや色分けの優秀さはやはりMGに軍配があがりますが、HGもすらっと洗練されたシルエットが捨てがたいです。

その他付属品等

付属ホイルシールはつま先の色補填のみに対応。

付属のマーキングシールでディティールアップが可能。

(う)(し)(す)のシールを使えばジェリド使用、(え)(た)(ち)のシールを使えばカクリコン仕様のハイザックを楽しめます。

付属のガンダムデカールは摩擦で転写するタイプ。

シールドに番号組み合わせで機体番号を転写します。

付属する武装は上からミサイルポッド、ザク・マシンガン改、ビーム・ライフル、ヒート・ホーク、ビーム・サーベルです。

ヒート・ホークは大部分の塗装が必要で、ブレード部分をグレーに、パイプ部分をイエローに、その他持ち手全体をグリーンに塗装することとなります。

1/100スケールのパイロットフィギュアも付属します。

画像作例ではモノアイの発光状態を表現するために、別売りの円形メタリックシールMを使用しました。

アクションベースへの接続穴や接続パーツは付属しませんが、アクションベース4の付属パーツで股下をはさみこんでディスプレイできます。

ランナー

ランナーJは合成ゴム素材。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました