【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ハイザック (連邦軍カラー)

RMS-106 HI-ZACK [EARTH FEDERATION FORCE]

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC ハイザック (連邦軍カラー)」のガンプラ素組みレビューです。

プロポーションや成形色の色味がすばらしく、低価格・短時間でスタイリッシュなハイザック連邦軍カラーを組み上げることができます。

ただ、価格相応に合わせ目が大胆なところに出てしまうので作りこみたい方にとっては合わせ目消し等、手間暇のかかるキットといえるでしょう。

とはいっても、素組みでも驚くほどかっこよく仕上がるので、お手軽派モデラーにもおすすめのキットと言いたいです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC ハイザック 連邦軍カラー

フロント

ブルーグレーの基本色がマットな仕上がりで、素組みでもかっこよく見栄えします。

ただし目立つ合わせ目は多く、頭部中央にぱっくり、手首、下脚部、ザク・マシンガン改の上部が気になるところです。

サイド

すらっとしていてスタイリッシュなプロポーションをしています。

左肩のスパイクアーマー、腕部側面、バックパック側面の合わせ目が若干気になる部分です。

リア

頭部と上下脚部にまっすぐ合わせ目がかなり目立ってしまいますが、動力パイプやバーニアのレッドなど、ディティールが細かく手を加えずともハイザックの魅力はしっかり伝わってきます。

ディティール

アクション

ザク・マシンガン改を両手持ちでポージング。

可動域が良いキットではないので少しぎこちないかもしれませんが、キット素体がかっこいいのでディスプレイもきまります。

アクションベースに対応した接続穴等はありませんが、アクションベース5の股下挟み込みパーツを使えば浮かせてディスプレイも可能です。

比較

「HGUC ハイザック」と並べてディスプレイ。

カラーバリエーションキットではあるので違うのは色味くらいですが、どちらの成形色もきれいに発色しており、それぞれ違った魅力を感じられます。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填箇所は少なめで、(ア)(イ)つま先、(ウ)モノアイレール、(エ)モノアイくらいですが、成形色での色分けが特別優秀というわけではなく塗装対応が必要な部分は多めです(「ディティール」参照)。

「HGUC ハイザック (連邦軍カラー)」にはマーキングシールも付属していて少しお得です。

胸部やシールドに使用できます。

ハンドパーツは上から両手の握り手、右手の武器持ち手が付属します。

画像作例ではモノアイの発光状態を表現するために、円形メタリックシールMを使用しました。

ランナー

HGUC ハイザックの色違い。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました