【ガンプラ素組みレビュー】HGUC リ・ガズィ

RGZ-91 Re-GZ

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「HGUC リ・ガズィ」のガンプラ素組みレビューです。

比較的カラフルな機体色ですが、成型色での色分けが優秀で、かつ、合わせ目が目立ちにくいつくりで総合的に高クオリティのキットです。

カラフルな機体の宿命として一部ホイルシールによる色補填箇所の面積が広い部分がありますが、シールを貼らずとも完成度が高いので十分楽しめる出来になっています。

変形機構もシンプルなのでストレスなくディスプレイを堪能できます。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 リ・ガズィ

フロント

カラフルな機体ですが、HGにして色分け再現はかなり優秀です。

頭部センサー類はホイルシールでグリーンに色補填しており、頭部、胸部、腰部アーマーのダクト部分はダークグレーに部分塗装をするとより引き締まりそうです。

サイド

肩や脚部のスラスターの色分け再現がすばらしいですね。

肩部スラスター回りの合わせ目がやや目立ちますが、その他は合わせ目がでにくく素組み派でもうれしいつくり。

リア

リアも色分けがすばらしく、合わせ目も目立たないようにパーツ配分が工夫されています。

HGとは思えないクオリティです。

ボトム

足裏は肉抜きがない美しい仕上がりですが、変形機構があるためか、ポリキャップが見えてしまっているのが少し残念。

脚部内側のダクト部分はダークグレーに塗装するとさらに見栄えがよくなりそうです。

ディティール

腕部グレネードを展開。グレネード部分はレッドに部分塗装をするとそれらしくなります。

腰部グレネードはサイドアーマーの角度を変えて射出前状態にします。

バックパックには2本のビーム・サーベルを格納。

ビーム・サーベル展開時は形状が変わるため、別パーツに差し替えて手持ちにすることになります。

バック・ウェポン・システム

バック・ウェポン・システムも基本的な色分けが成型色でできています。

色分けされていない両ウイングの前部は付属のホイルシールでインディブルーに色補填できますが、面積が広いのでシールだと安っぽさがでてしまうかもしれません。

シールなしでもその他の色分けが優秀なので様になりますが、気になる方は塗装推奨です。

スペース・ファイター形態

スペース・ファイター形態にするには、リ・ガズィ本体とバック・ウェポン・システムとを合体させます。

シールドは接続するための専用パーツを使用します。

アクション

ビーム・ライフルを構えてポージング。

シールドの裏打ちもチラ見えも素敵です。

頭部アンテナはHGによくみられる安全フラッグもなく鋭敏なので、やわらかい素材とはいえ折らないように要注意です。

ビーム・サーベルはイエローのクリアパーツで表現されています。

その他付属品等

ホイルシールで、頭部センサーとバック・ウェポン・システムの両ウイング前部の色補填ができます。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

タイトルとURLをコピーしました