【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ジェスタ・キャノン

RGM-96X JESTA CANNON

『機動戦士ガンダムUC』より、「HGUC ジェスタ・キャノン」のガンプラ素組みレビューです。

ジェスタのマッシブさが増加装甲でマシマシに強化され、より重厚感が強調された機体のジェスタ・キャノンです。

装備類が充実しているのでバリエーション豊かなディスプレイパターンを楽しむことができますし、目立つ合わせ目も少なく、加えて色分けや可動域も良好なのでコスパがいいキットです。

このキットではパーツが一部足りずジェスタ自体を組むことはできませんが、「HGUC ジェスタ」の付属品がすべて入っており、「HGUC ジェスタ」の価格からプラス440円程度なので人によってはお得に感じられるキットと思います。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ジェスタ・キャノン

フロント

増加装甲もりもりで重厚感もりもりのジェスタ・キャノンを組むことができます。

素体は「HGUC ジェスタ」ですが、一部パーツが異なったり増加装甲を追加ではめていく形になります。

合わせ目は目立ちにくくなるようパーツ構成が練られていますが、腕部、ビーム・キャノン、ビーム・ライフルに出現してます。

サイド

装備が充実しておりかなり重そうに見えますが、実際HGの割にはキットの重量もずっしりあります。

合わせ目はショルダーアーマーに見えるくらいで、脚部の合わせ目はパネルラインとしてデザイン扱いです。

リア

肩のビーム・キャノンと4連マルチ・ランチャーにまっすぐ合わせ目が出ているほかは、右ひじの装甲とひざ裏の内部フレームにわずか見える程度でクオリティの高さを保っています。

ディティール

アクション

ジェスタ・キャノン用にグレネード・ランチャー等が拡張された大型のビーム・ライフルでポージング。

腕が落ちてくることなくしっかり体勢をキープできます。

標準のビーム・ライフルも付属し、もちろん持たせてディスプレイが可能です。

肩のビーム・キャノンと4連マルチ・ランチャーは上下可動し、一番下まで持ってくるとこの位置になります。

背中のビーム・キャノンと4連マルチ・ランチャーからシールド(横付け)に換装し、ビーム・サーベルを構えてディスプレイ。

シールド類も付属するので、様々なパターンでアクションを楽しめます。

比較

素体のHGUC ジェスタと並べて比較しました。

ジェスタ自体マッシブな印象の機体ですが、増加装甲で固められたジェスタ・キャノンと並べるとジェスタ・キャノンの重厚感がより一層強調されます。

「HGUC ジェスタ」との主な違いは以下の通りです。

その他付属品等

本体の成形色による色分けがよくできているので、付属ホイルシールでの色補填対応は少なめ。

付属マーキングシールは「HGUC ジェスタ」と共通で、ロンド・ベル隊、トライスター、アナハイム・エレクトロニクスなどのマーキングが可能です。

HGUC ジェスタと同じく充実のハンドパーツは上から両手の握り手、両手のビーム・サーベル持ち手、両手の開き手、右手のビーム・ライフル持ち手です。

ビーム・ライフルは2本付属します。

画像上はジェスタ・キャノン用に強化されたビーム・ライフルで、画像下はジェスタと共通のビーム・ライフルです。

ビーム・サーベルの柄はジェスタと違いサイドアーマーに格納されています。

ビームエフェクトは短めのピンク色。

バックパック直結のビーム・キャノンと4連マルチ・ランチャーは取り外して換装可能。

本体に取り付けると隠れはしますが、接続パーツに肉抜き穴があります。

シールド類も付属するので、ジェスタと同じようにバックパックのパーツ組み換えができます。

余剰パーツは画像の通りで、ジェスタも組めると思いきやショルダーアーマーや脚部パーツなど一部パーツが足りないので、ジェスタを組みたいときは「HGUC ジェスタ」のキットを購入することになります。

ランナー

B2、D、Eランナー以外のランナーは「HGUC ジェスタ」と共通ランナー(一部パーツ構成に違いあり)です。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました