【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC スタークジェガン

RGM-89S STARK JEGAN

『機動戦士ガンダムUC』より、「HGUC スタークジェガン」のガンプラ素組みレビューです。

劇中で強烈なインパクトをもたらしたスタークジェガンが、1/144スケールでスタイリッシュに再現されています。

成形色がマットな色合いで、増加装甲でボリュームもあり、素組みでも十分ディスプレイ映えしてくれるおすすめキットです。

ただし、色分けがやや寂しい「HGUC ジェガン」がベースキットなので、こだわりだすと塗装での色分け必要箇所はそれなりに多く、手を加えたいモデラーにもある意味うれしいキットかもしれません。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 スタークジェガン

フロント

成形色がマットなミリタリー系統色なので、渋くてかっこいいですね。

キット自体の完成度も非常に高く、ハイパー・バズーカ上部以外に目立つ合わせ目は見えません。

サイド

背部スタビライザー、3連装ミサイル・ポッド側面、ショルダーアーマー側面に合わせ目が見えますが、他はパネルラインにそっての合わせ目なのでティティール扱いにできます。

リア

バックパックや増加装甲にボリュームがあり、見ごたえのあるリアビューです。

スタビライザー先端、バックパック中央、ふくらはぎ下部に合わせ目が見えます。

ディティール

増加装甲

肩、腕、脚の増加装甲を取り外すことができます。

左半身の増加装甲を取り外してみました。

アクション

ハイパー・バズーカを腰に抱えてポージング。

アクションベースへの接続穴が股下にあるので、ディスプレイがしやすいです。

ビーム・ライフルを構えて仰向けにポージング。

劇中のクシャトリヤに突撃するスタークジェガンをイメージ。

劇中ではショルダーアーマー上部の増加装甲だけパージしていますが、本キットでは改造なしにその再現ができないので、いっそすべて外した方がイメージに近くなりそうです(画像右)。

「HGUC クシャトリヤ」に対峙するスタークジェガンをイメージしました。

アクションベース1にアクションベース5のアームを取り付けることで、近接戦闘が表現しやすくなります。

比較

左から「HGUC ジェガン」、「HGUC スタークジェガン」、「HGUC ジェガン(エコーズ仕様)」を並べてみました。

ディティールがそれぞれ細かく違うので、比較する楽しみが広がります。

バックパックの接続方法は共通しているので、換装して遊ぶこともできます。

その他付属品等

付属のマーキングシールでの色補填はなく、ロンド・ベルや連邦軍のエンブレムや任意の機体番号をあしらうことができます。

ハンドパーツは両手の握り手、右手の武器持ち手が付属します。

上からハイパー・バズーカ、ビーム・ライフルが付属します。

ビーム・サーベルの柄は1本のみ付属で、サーベルエフェクトは長短の2種類が付属します。

ランナー

ランナーA,C,Dは「HGUC ジェガン」からの流用(一部新規造形パーツあり)、ランナーB,E,Fは新規造形パーツです。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました