【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ジム・スナイパーⅡ

RGM-79SP GM SNIPER II

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』より、「HGUC ジム・スナイパーⅡ」のガンプラ素組みレビューです。

マーキングシールが充実しており、手軽にリアルなディティールを再現することができる人気キットです。

一方でポージングがなかなか決まりにくかったり、付属するドラケンEはこだわるなら全塗装が必要になったりと、こだわるならとことん手を加えられるキットでもあります。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ジム・スナイパーII

フロント

素組みでもシール補填をすれば色分けをしっかり再現できます。

目立つ要塗装部位といえば、頬と肩のレッドのダクト内とシールド上部2か所の円形のディティールをグレーにするくらいでしょうか。

頭部バイザーと首回りのシールがはがれやすいのが注意点です。

サイド

スリムでスタイリッシュな印象で、かっこいい佇まいです。

モールド内を墨入れするだけで、よりリアルな仕上がりになりそうです。

リア

こだわるのであれば、スラスター内をレッドに塗装を。

脚に若干の合わせ目が見えます。腰部にはビーム・サーベルが2本マウントされています。

アクション

膝立ちにてスナイプ。

頭部バイザーは下げることができます。

膝下が長いいで立ちなので、膝立ちポーズは安定させるのがかなり難しいです。

ブルパップ・マシンガンを装備して。

アクションベース5に接続する穴が股下にあります。

ビーム・サーベルも付属しています。

ドラケンE

ドラケンEも付属しており、リーア軍所属機か作業用かを選択して組みます。

上記作例はリーア軍所属機です。

ドラケンEは素組みだと単色なので、作りこむなら塗装が必要で、作業用を選択する場合は全塗装が必要です。

ドラケンE作業用を選択する場合の作例です。

作業用は本体色がグリーンなので、成型色のオレンジが本体色のリーア軍所属機とは違い、全塗装で対応する必要があります。

ドラケンE作業用を後ろから。

その他付属品

ホイルシールはなく、マーキングシールのみが付属します。

頭部バイザーのセンサー部分と首回りのシールはとてもはがれやすいので注意です。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました