【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ジム・コマンド

RGM-79G GM COMMAND

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』より、「HGUC ジム・コマンド」のガンプラ素組みレビューです。

「HGUC ジム・コマンド(宇宙仕様)」の色違いキット(この「HGUC ジム・コマンド」が先に発売)ではあるものの、カラーリングだけでなく武器の種類やランドセルの形状も異なるので、それぞれ組み上げて比較して楽しみたいキットです。

劇中ではジムらしくやられ役の印象が強い機体ですが、他のポケ戦キットと並べることでシーンを引き立てる重要な役回りをしてくれるはずです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ジム・コマンド

フロント

腕部と脚部、ブルパップ・マシンガン上部に広範囲に合わせ目が見えてしまいます。

頭部センサーや胸部ダクトが成形色でしっかり色分けされているのはグッドポイントです。

サイド

フロントで合わせ目が目立ってしまうかわりに、サイドビューでは頭部側面と胴体上部くらいで、あとはパーツ構成や段落ち処理で合わせ目が目立ちにくい造形になっています。

画像では腕で隠れてしまいますが、胴体側面が段落ち処理で合わせ目が見えにくくなっているのがうれしいです。

リア

フロントビューと同様、腕部と脚部にまっすぐ合わせ目が出現。

何気にランドセルのディティールが細かめで、立体感をしっかり出してくれます。

ディティール

アクション

ブルパップ・マシンガンを構えてポージング。

足裏が大きく接地性もいいので、安定感がかなりあります。

アクションベース5の股下挟み込みパーツを使用して空中戦も表現できます。

付属のビーム・サーベルはビーム部分含めハンドパーツと一体成形で単色なので、見栄えをよくするには塗装対応が必須です。

腰に接続していたビーム・サーベルの柄には接続穴があるので、他のキットのビームエフェクトを流用することも可能です。

画像では「HGUC ジム・スナイパーⅡ」に付属のランナーSB6のビームエフェクトを流用しました。

ちなみにサーベル用の持ち手が付属しないので、付属のマシンガン用の持ち手を使用しました。

比較

「HGUC ジム・コマンド(宇宙仕様)」と並べてディスプレイ。

基本的には色味がちがうカラーバリエーションとなりますが、付属武器とランドセルの形状が違います。

付属武器は「HGUC ジム・コマンド」がブルパップ・マシンガンで「HGUC ジム・コマンド(宇宙仕様)」がビーム・ガン、ランドセルは画像右の宇宙仕様の方がスラスターが多い特徴があります。

その他付属品等

付属ホイルシールで股下と脚部のモールド内のレッド部分と、ランドセルのセンサーのグリーンを色補填できます。

付属するハンドパーツは右手はマシンガン持ち手、左手は開き手と握り手の2種類です。

右手はビーム・サーベルとエフェクトまで一体となった1パーツ単色のものも付属します。

ブルパップ・マシンガンは意外と細かめな造形でかっこいいですね。

ビーム・サーベルの柄は2本付属します。

他キットのビームエフェクトを接続して使用することも可能です(「アクション」参照)。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました