【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC アンクシャ

RAS-96 ANKSHA

『機動戦士ガンダムUC』より、「HGUC アンクシャ」のガンプラ素組みレビューです。

組んでみると意外にマッシブな体形で成形色の発色もよく飾り映えするのに加えて、モビルアーマー形態への移行も可能で他のモビルスーツのサブ・フライト・システムとして組み合わせてディプレイも楽しめます。

弱点としては色分けが成形色で足りていない部分が多く、色分けにこだわるのであれば大量の付属ホイルシールでの色補填か塗装を余儀なくされるところですが、成形色がきれいな色なので塗装環境がない場合はあえて色補填なしで楽しんでみるのも手かもしれません。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 アンクシャ

フロント

組んでみると意外とがっしりした体型で、グリーンの成形色の色合いが鮮やかです。

変形機体にもかかわらず合わせ目が見えにくいつくりをしており、前から見ると目立つのは太ももとすねくらいです(胸部の合わせ目は変形時に開閉する部分なので合わせ目カウント外)。

サイド

横から見ると、ショルダーアーマーと二の腕に合わせ目が出ています。

ヒール型の足部で一見不安定ですが、しっかり自立してくれます。

リア

頭部、バックパック両側、ひざ裏、かかとに縦に合わせ目が発生します。

とはいえパーツ構成の工夫や段落ちモールドで合わせ目が目立ちにくくなっている部分が多く、モデラーにはうれしい配慮ですね。

ディティール

アクション

付属のディスプレイスタンドを使用して。

ビーム・サーベルは2本付属し、大迫力のエフェクトパーツを付けると威圧感が出て飾り映えします。

ビーム・サーベルはハンドパーツに軸固定できませんが、ジャストサイズですっぽ抜けることはありません。

比較

開発のベースとなった機体である「HGUC アッシマー」と並べてディスプレイ。

アンクシャは身体のラインが太くなり、だいぶマッシブな印象ですね。

モビルアーマー形態

いったん身体を分解して組みなおすことで、モビルアーマー形態への移行ができます。

サブ・フライト・システムとして「HGUC ジェガン」を輸送。

グリップにハンドパーツを固定するだけでなく、股下の接続穴に対応する固定パーツもあるので安定感のあるディスプレイが楽しめます。

その他付属品等

付属するホイルシールは大ボリュームで、かなり多くの場所を色補填する必要があります。

これだけホイルシールを使用すると悪目立ちしそうではあるので、塗装に挑戦するかいっそ画像作例のようにシールを使用せずに楽しむ選択肢を持ってもいいかもしれません。

ビーム・サーベルの柄は2本付属。

ハンドパーツへの接続穴はありませんが、ジャストフィットで保持力は悪くありません。

付属のディスプレイスタンドは台座の2か所に接続箇所があり、しかも高さを延伸できるパーツもあるので、バラエティに富んだディスプレイをこなしてくれます。

もちろんアンクシャ本体は股下の接続穴(モビルアーマー形態のときはディスプレイ用の付属パーツ)で別売りのアクションベースにも対応してます。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました