【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC パラス・アテネ

PMX-001 PALACE-ATHENE

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC パラス・アテネ」のガンプラ素組みレビューです。

どこかカマキリのような、もしくはバッタのような、昆虫っぽさを感じる独特のデザインの機体ですが、洗練された造形でスタイリッシュに立体化されています。

立体感のある造形でしかも大きさもあるので、素立ちさせるだけでその存在感に満足できます。

弱点としては、頭部前面やバックパック等の合わせ目が目立ってしまうことと色分けが素組みでは全然足りないことがあげられますが、この記事の画像作例ではあえてほぼシール色補填なしで作成しているので、シール補填なしでもここまでかっこよく仕上がるということを確認してみてくださいね。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 PMX-001 パラス・アテネ

フロント

堂々としたたたずまいのパラス・アテネが完成します。

頭頂部、腕部内側、バックパックの合わせ目が目立ちますが、全体的にパーツ構成が優秀で合わせ目がデザインと一体化しており色分けを除けば素組みでも十分な出来栄えです(色分けは「ディティール」参照)。

サイド

かなり立体的な造形で、素立ちでも目を楽しませてくれます。

腕部側面に縦に合わせ目が出ますが、2連装ビーム・ガンやシールドで隠してくれるので目につきにくいです。

ショルダーアーマーや2連装ビーム・ガン自体には各所に合わせ目が見え、背部の大型ミサイルは2パーツ構成なので合わせ目がしっかり出てしまいます。

リア

後頭部、首回りのイエローの装甲、ふともも裏、ふくらはぎ、バックパックあたりが合わせ目が目立つポイントです。

バックパックと2枚のムーバブル・シールドをつなぐパーツに肉抜き穴がでており、見栄えを良くするために加工する箇所は多めで手間がかかりそうです。

ディティール

アニメ版仕様

大型ミサイルを装備していないアニメ版仕様にしてみました。

アクション

2連装ビーム・ガンを構えて。

足の形状が独特ですが、自立は全く問題ありません。

アクションベース2に対応しているので、宇宙空間をイメージしたディスプレイも可能です。

「HGUC アッシマー」や「HGUC ガブスレイ」のキットに付属する台座を使用することもできます。

可動域が特段優れているようなキットではないので、アクションベースがあった方が巨体を活かしたダイナミックなポージングができますね。

ビーム・サーベルはイエローのエフェクトパーツが付属。

ハンドパーツに接続軸はないので、保持力は弱め。

格闘戦用クローを展開してディスプレイ。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填は多く、全身にわたります。

ハンドパーツは上から両手の握り手、右手のビーム・サーベル持ち手です。

サーベル持ち手にサーベルへの接続軸はありません。

大型ミサイルは脱着式で、合計8基付属します。

ビーム・サーベルはシールド裏に格納でき2本付属しますが、両手持ちはハンドパーツの左持ち手がないのでできません。

ランナー

ランナーFは合成ゴム素材。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました