【ガンプラ素組みレビュー】 RG トールギス EW

OZ-00MS TALLGEESE EW

『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』より、「RG トールギス EW」のガンプラ素組みレビューです。

装備はシンプルながらも、ドーバーガンの伸縮ギミックやビームサーベルのエフェクトパーツをピンクか無色透明から選べるといったディスプレイの選択が広がる仕組みが盛りだくさんです。

バックパックバーニアや腰部アーマーの展開ギミックも情報量が拡大に増える要素で、さまざまな角度からディティールを楽しみたいです。

本体へのアドヴァンスドMSジョイントの使用は控えめなので、関節がグニャグニャせずにしっかり保持してくれます。

引用:バンダイホビーサイト
RG 1/144 トールギス EW

フロント

ホワイトのパーツがつやのあるグロス加工がしており、高級感が醸し出されます。

素組みでも十分満足してしまうクオリティで、ディスプレイ映えもしてくれます。

足がかなり小さいですが、自立もしっかり問題なくしてくれます。

サイド

トールギスの特徴ともいえる、左肩にシールドを、右肩にドーバーガンをフレームに直接接続するギミックもしっかり再現されています。

リア

ホワイトのパーツが濃淡のある2色から構成されていて、パーツ分割の細かさと相まって立体感が出ています。

情報量の多さがうれしいですね。

ディティール

アクション

ドーバーガンを構えて。

本体フレームに接続したまま、手持ちでポージングができます。

ドーバーガンは伸縮ギミックを内蔵。

ビームサーベルを構えてポージング。

バックパックバーニアを展開すると、奥行きのあるディスプレイが可能となります。

ビームサーベルのエフェクトパーツは、ピンクと無色透明の2種類から選択式。

無色透明のエフェクトパーツはレアですね。

その他付属品等

リアリスティックデカールが付属。

画像作例では頭部センサー、ドーバーガンのセンサー、組み立てながらでないと貼りにくいフレームの一部にしかデカールを使用していませんが、情報量としては十分なほどです。

デカールを使用すると、ホワイトの装甲にレッドのマーキングが映えてよりかっこよく仕上がります。

1/144のゼクス・マーキスのフィギュアが付属。

ハンドパーツは上から両手の握り手、両手のビームサーベル用持ち手、右手のドーバーガン用持ち手、両手の開き手が付属。

ビームサーベルのエフェクトパーツはピンクと無色透明がそれぞれ2本ずつ付属。

アクションベース接続用のパーツは、股下に接続する仕様。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました