【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ギャプラン

ORX-005 GAPLANT

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC ギャプラン」のガンプラ素組みレビューです。

完全変形でモビルアーマー形態になるほか、モビルスーツ形態にもモビルアーマー形態にも接続できる大ボリュームの専用ブースターも付属する大ボリュームキットです。

ガシガシいじって変形機構を楽しむのも良し、いろいろな形態でディスプレイを楽しんでも良しと楽しみの幅が広がります。

古いキットということもあり、部分塗装や合わせ目消しと手を加える箇所が多いので、中上級者のモデラーも手を加えられる部分が多いという点で作成しがいのあるキットともいえそうです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ギャプラン

フロント

古い部類のキットなのでプラスチックの素材感は良質とは言い切れませんが、ギャプランの特徴的な鮮やかなブルー系のカラーリングがきれいでよく映えます。

合わせ目は結構目立ってしまい、背部スタビライザーの中央、両脚の真ん中にくっきり見えます。

色味的にもゲート跡が白化して目立ちやすいので、片刃ニッパーで二度切りするなど丁寧に作成したいですね。

サイド

両腕のムーバブル・シールド・バインダーの存在感がかっこいい。

ムーバブル・シールド・バインダーで隠れて目立ちにくいですが、肩の装甲の中央と、胴体と肩を接続するフレーム部分に合わせ目がしっかり出てしまいます。

両腕が重そうに見えますが、バランスをとってしっかり自立します。

リア

背部のディティールが細かく、観賞していて満足感があります。

合わせ目は両脚中央に上から下にわたって見えています。

ブルーの装甲に、ところどころにあるレッドのバーニアが色のコントラストになって鮮やかです。

専用ブースター

ギャプラン本体背部に接続できる巨大な専用ブースターが付属します。

中身はスカスカなので重量はありませんが、十分に広いディスプレイのスペースを確保したいですね。

素組みだとシンプルなカラーリングですが、色分けにこだわるなら各ウイングにグレーの部分塗装とバーニアの外側にインディブルーの塗装を施すことになります。

ディティールで紹介しますが、イエローのシールで色補填をする部分もあります。

合わせ目については、上部と底部の中央に一直線にでます。

ディティール

今回はモノアイを別売りのシールで色補填したほかは、一切付属シールも部分塗装もしていません。

アクション

付属のビーム・サーベルとムーバブル・シールド・バインダー内のビーム・ライフルで攻撃態勢。

ビーム・サーベル(左画像)は色分けがなくブルー一色なので、エフェクト部分はより薄いブルーに塗装する必要があります。

ムーバブル・シールド・バインダーに内装されたビーム・ライフル(右画像)は、腕に装着したままに手に持たせることができます。

付属の台座にてディスプレイ。

完全変形機体ということもあり、可動域は少なめな印象(特に胴体は動かない)なので、表情づけはひと工夫がいりそうです。

専用ブースターを接続してディスプレイ。

しっかり接続したうえでバランスをとって飾るのがなかなか難しかったです。

モビルアーマー形態

完全変形でモビルアーマー形態に変形します。

ギャプランと言ったらこのモビルアーマー形態ですが、とても完成度が高く洗練されたデザインが身近に楽しめます。

モビルアーマー形態でも専用ブースターを接続できます。

その他付属品等

ホイルシールでモノアイとイエロー部分を色補填できます。

面積は小さいですが、数が多く目立つ箇所にシールを貼ることになるので、シールを使うとその部分が浮いた感じになってしまうかもしれません。

ビーム・サーベルは2本付属。

1パーツでできているので、ビームエフェクトの表現は塗装で対応することになります。

本体・専用ブースター兼用の台座(左)と専用ブースターのサポート台座(右)も付属します。

画像の作例では付属のモノアイシールではなく、円形メタリックシールMを使用することで発光状態を表現しました。

ランナー

商品リンク

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました