【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC クシャトリヤ

NZ-666 KSHATRIYA

『機動戦士ガンダムUC』より、「HGUC クシャトリヤ」のガンプラ素組みレビューです。

同じバインダーを4つ組むなどパーツ点数が多く、全体的にパーツの組み上げ方もかなり独特で、かつ繊細な部分も意外と多く(例えばひざの装甲、バインダーのサブ・アーム、バインダーの接続部)、組み立て難易度はHGにしてはやや高めです。

さらにエンブレムを塗装する場合は塗装難易度も低くはありませんが、合わせ目が目立ちにくい構造やディスプレイの自由度、曲線と直線が調和したデザインの良さなど、完成後の満足が弱点を補ってもあまりあるほどの良キットです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 クシャトリヤ

フロント

四方の大型バインダーに加え本体のマッシブな体形でクシャトリヤの重厚さが表現されています。

合わせ目は目立つものは少なく、上腕部装甲、胴体の前に突き出した装甲からチラ見えするグレーのフレーム部分、ひざ下フレーム部分以外はパーツ構成や段落ち処理でディティール化されています。

サイド

サイドから見ても完成度がとても高く、合わせ目として目立ってしまうのは肩の装甲くらいです。

悪目立ちしてしまいますが、処理はしやすい部分なのでできれば合わせ目消しの対応をしたいですね。

リア

後ろ姿もスキがなく、合わせ目としては上腕部とかかとからチラっとみえるフレーム部分くらいです。

パーツひとつひとつが大きく、重厚感がより強調されたシルエットです。

ディティール

バインダー

サブ・アームの展開、ファンネルの着脱、スラスターの360度可動とギミック満載です。

アクション

バインダーからサブ・アームを展開してポージング。

バインダーをダイナミックに使用することで、奥行きのあるディスプレイが楽しめます。

アクションベース1を使用してディスプレイ。

アクションベース1用のクシャトリヤ専用接続パーツが付属します(「その他付属品等」参照)。

収納形態

バインダーを折りたたむことで収納形態を再現できます。

バインダーなし

参考画像として、バインダーなしの状態を撮影してみました。

比較

「HGUC クシャトリヤ・リペアード」(画像右)とならべて比較してみました。

詳細な違いは、「HGUC クシャトリヤ・リペアード」のページにて紹介しています。

その他付属品等

付属のホイルシールでモノアイ、両腕の袖にあるエンブレム、胸部エンブレム、脚部側面のモールド内の色補填ができます。

エンブレムはシールを貼ると素材感の違いで浮いて見えてしまうので、できればホワイトに塗装をしたいですが、線が細く難易度は高めです。

ファンネルは各バインダーに6基ずつ格納。

ビーム・サーベルの柄を本体の手首内に格納するギミックはありません。

エフェクトパーツは長めのクリアグリーンで飾り映えします。

アクションベース1に対応する接続パーツ(左画像)が付属します。

右画像のアクションベース1は別売りで、画像の状態にして左画像のパーツを差し込みます。

モノアイの発光状態を表現するために、モノアイのピンクの色補填には別売りの円形メタリックシールSを使用しました。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました