【ガンプラ素組みレビュー】 MG ZZガンダム Ver.Ka

MSZ-010 ZZ GUNDAM

『機動戦士ガンダムZZ』より、「MG ZZガンダム Ver.Ka」のガンプラ素組みレビューです。

素組みかつ付属の水転写式デカール未使用でも、十分ディスプレイに耐えるレベル以上の完成度となりますので、塗装環境がないモデラーでもしっかり楽しめるキットです。

完全変形機体ということで可動にはクセがありガシガシと動かすというよりはポーズを一度決めて飾って楽しむタイプのキットですが、組み立てにくいということはなく、MG組み立て経験者なら気軽に挑戦できる難易度です。

フロント

素組み・デカールなしでこの情報量の多さは、さすがVer.Kaといったところ。

目立つような合わせ目はなく、このまま手を加えずとも十分な満足度です。

可変機ということもあって安定して立たせるのは少し難しいですが、すぐになれると思います。

サイド

パーツの合間から内部フレームをちらっとのぞかせる、心をくすぐるつくりになっています。

ガンダムタイプとしてはマッシブなZZの魅力が引き立ちます。

リア

バックパックは巨大ですが、重すぎるということもないので自立に支障はでません。

後ろ姿の迫力も圧巻です。

ディティール

アクション

ダブル・ビーム・ライフルで狙い撃ち。

ライフルはかなり大きく装甲に干渉しやすく重さもそれなりにあるので、しっかり保持させるには工夫が少し必要で、ポージングの幅はそれほど広くはない印象です。

巨体で重さがあるので、アクションベース4にてディスプレイしました。

ハイメガキャノン射出。

肩部アーマーは上に跳ね上がるので、腕を水平に上げても干渉しません。

ビーム・サーベルのエフェクトパーツは巨大で、本体とほぼ同じくらいの長さです。

劇中の大出力のサーベルを見事再現してくれています。

コア・ファイターが変形してそのままコクピットになるのも劇中さながらです。

コア・ファイター

コア・ファイターは2機付属します。

2機あればコア・トップとコア・ベースにそれぞれドッキングできるので、コア・トップとコア・ベースを同時再現できます。

Gフォートレス

完全変形でGフォートレス形態に移行できます。

かなり複雑な機構をしていますが、丁寧に変形すればパーツの破損はしないと思います。

本体にスタンドが格納されているので、部品差し替えなしで駐機状態にすることもできます。

コア・トップ

Gフォートレスから分離し、片側がコア・トップになります。

コア・ベース

Gフォートレスから分離したもう片側がコア・ベースとなります。

その他付属品等

付属のホイルシールでの色補填はセンサー類のみ。

シールをはる部分はすべて透明パーツで別パーツとなっているので塗装も簡単で、サクッと塗装してもいいかもしれません。

Ver.Kaといったら水転写式デカール。

デカールなしでも十分情報量が多くてかっこいいですが、さらに情報量を増やせます。

ハンドパーツは、基本的に4本指を差し替える形式です。

上から、右手のライフル持ち手、両手の握り手、両手のサーベル持ち手、両手の親指、Gフォートレス変形時に使用する握り手となります。

アクションベース接続用のパーツは2種類付属します。

左画像のパーツはモビルスーツ形態、Gフォートレス形態、コア・べース形態の時に使用し、右画像のパーツはコア・トップ形態時に使用します。

1/100サイズのジュドー・アーシタのフィギュアが付属します。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました