【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ゼータプラス(ユニコーンVer.)

MSZ-006A1 ZETA plus [UNICORN Ver.]

『機動戦士ガンダムUC』より、「HGUC ゼータプラス(ユニコーンVer.)」のガンプラ素組みレビューです。

ゼータガンダムのスタイリッシュさを踏襲しながら、ミリタリー感の強いカラーリングでまた別の魅力をもつゼータプラスをハイクオリティで楽しめるキットです。

劇中では一瞬で撃破される悲劇の機体でしたが、機体設定が奥深く派生機体も多いので、組み上げる楽しみだけでなく宇宙世紀の世界観を楽しむこともできます。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ゼータプラス (ユニコーンVer.)

フロント

シンプルなカラーリングが渋く、ミリタリー感を醸し出していてかっこよく仕上がります。

正面からは目立つ合わせ目は腕部くらいで、パーツ構成や段落ちモールド処理で合わせ目が目立ちにくい構造になっています。

サイド

頭部側面に合わせ目が若干見える程度で、横から見ても高い完成度のつくり。

脚部に合わせ目はありますが、しっかり段落ちモールドとなっておりディティールとして機能しています。

リア

左腕部に接続したシールドや背部のウイングバインダーはモールドが細かめにしっかり入っており、墨入れもしやすいです。

ウイングバインダー上部に合わせ目が縦に見えます。

装備

右のウイングバインダーにビーム・ライフルを、左腕にシールドを装備することができます。

逆に右腕にシールド、左のウイングバインダーにビーム・ライフルを装備することも可能です。

ディティ―ル

アクション

ビーム・ライフルを構えてポージング。

脚の可動が腰部アーマーに干渉しがちでポージングを決めるのがやや難しめですが、リアアーマーが上下に可動するので微調整がききます。

左手にビーム・サーベルを携えて。

エフェクトパーツは薄いブルーになっていて、エフェクトとしては珍しい色です。

ウェイブライダー

本体を左画像のように分解し、右画像のウェイブライダー用のパーツに装着するかたちで変形させます。

左画像の胴体と両腕のショルダーアーマーは、変形後は余剰パーツとなります。

ウェイブライダー形態に変形。

大気圏内の長距離侵攻に特化した構造なので、かなりスリムな印象です。

ゼータガンダムのウェイブライダー形態のように、ビーム・ライフルを機体上部に接続することもできます。

比較

派生元機体の「HGUC ゼータガンダム」と並べてディスプレイ。

並べてみると、ゼータの設計思想の名残が多分にあることがよくわかりますね。

その他付属品等

付属のホイルシールで、[1]スタビライザーのライン、[2][3]アイセンサー、[4][5]頭部側面、[6]シールド側面、[7]シールドのセンサー、[8]前頭部センサー、[9]後頭部センサーの補填ができます。

マーキングシールも充実。

①はスタビライザーに、②と③は好きな部分に貼り付けて装飾できます。

ビーム・サーベルは2本付属。

エフェクトも2本付属しハンドパーツも両手が対応するので、両手持ちも可能です。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました