【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC シナンジュ

MSN-06S SINANJU

『機動戦士ガンダムUC』より、「HGUC シナンジュ」のガンプラ素組みレビューです。

HGのレベルを超えた細かなパーツ分けと複雑な造形美でずっと見ていられるような美しいシルエットで、関節がフニャフニャしたりパーツがポロポロ落ちることもないので、ポージングをつけて遊ぶにしても安心で、全体として安定感のある良キットです。

弱点としては、「袖付き」としての宿命である各所の複雑な形状のエングレービングの色分けが成形色でカバーできず付属シール任せになり、付属シールで補填すると素材感の違いが前面に出てチープな印象になってしまうことです。

見映えを気にしないなら簡単にハイクオリティなシナンジュを気軽に手にでき、こだわるならば塗装難易度が高いエングレービング塗装に挑戦でき、初心者から上級者まで幅広く楽しめます。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 シナンジュ

フロント

レッドの基本色にところどころのブラックの成形色がコントラストとなって映え、画像作例ではゴールドのエングレービングの色補填をしていませんがそれでも十分かっこよさが伝わってきます。

複雑な造形で情報量が多く、合わせ目としては腕部内側とビーム・ライフル上面が目立つくらいと、キット出来の良さが実感できます。

サイド

側面からみると、肩アーマー内部、ふともも側面、プロペラントタンク側面に合わせ目が発生します。

パーツが複雑にかぶさりあって、無加工かつほぼ単色にもかかわらず立体感が出ています。

リア

後ろからは頭部にしっかり合わせ目、脚部フレーム部分にわずかに合わせ目が発生しています。

背部のフレキシブル・スラスターの迫力に目が奪われるレアビューです。

ディティール

アクション

ビーム・ライフルで見下ろすように狙撃体勢。

アクションベース5を股下に直に接続できます。

シールドから取り出したグレネード・ランチャーをビーム・ライフル下部に装着。

劇中と同じギミックが楽しめます。

シールドにビーム・アックスを装着したままビーム最大出力。

ビーム・アックスは両手持ちや連結してビーム・ナギナタ状にすることができます。

エフェクトパーツは2種類の形状から選択式です。

保持力が良好でダイナミックなポージングに不安がありません。

ビーム・サーベルの柄はハンドパーツに固定はできないもののしっかりかみ合い、保持力はかなり良いです。

比較

画像左から「HGUC シナンジュ」「RG シナンジュ」「MG シナンジュ」です。

HGUCは色分けではRG、武装ギミックではMGに劣りますが、ポージングの安定感ば抜群なのでガシガシ動かしたい、ダイナミックなポージングをつけてディスプレイしたい、というようなニーズに最も適しています。

その他付属品等

付属のホイルシールでの色補填はほとんどがエングレービングや装甲の縁取りで、使用するのであれば素材感の違いから仕上がりにチープさがでてしまうことは不可避です。

形状が複雑で線も細く塗装難易度は高いですが、スタイリッシュで豪奢なシナンジュを再現したいのであれば塗装テクニックが必須となります。

ハンドパーツは両手の握り手、両手の武器持ち手、右手のビーム・ライフル持ち手が付属します。

ビーム・アックスはシールド格納用(左画像上)とハンドパーツ用(左画像下)が付属し、エフェクトパーツは大型と小型の2種類から選択式です。

ビーム・サーベルの柄とエフェクトパーツ、どちらとも2本付属します。

ビーム・ライフルを背中にマウントさせるための接続パーツが付属です。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました