【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ナイチンゲール

MSN-04Ⅱ NIGHTINGALE

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』より、「HGUC ナイチンゲール」のガンプラ素組みレビューです。

巨大なボディにふさわしくひとつひとつのパーツも巨大で、パーツ分割がそれほど積極的ではないということもありパーツ点数自体はそれほど多いわけでもなく、組み立ての難易度としてもかかる工数としても標準サイズのMG相当といったところでしょうか。

パーツ分けやモールドによる過度な装飾がなく、シンプルさの中に洗練したデザイン性を見いだせる、そんな独特の魅力をもったキットです。

組んだあとのディスプレイスペースを十分にとっておくことと、付属マーキングシールできれいにマーキングするのがむずかしいので別売りのナイチンゲール用水転写式デカールを用意しておくことがおすすめです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ナイチンゲール

フロント

とにかく巨体な当キットですが、パーツひとつひとつをとっても細かいパーツ分割やモールド装飾はされていないので、シンプルではありますがデザインが洗練されており、素組みでも高い完成度でたのしめます。

合わせ目として目立つのは前腕部くらいです。

サイド

サイドビューでも一見パーツ分割控えめで大味なつくりですが、全体としてみるとなぜか全く気にならないどころかむりろ魅入ってしまうような力を秘めた造形です。

合わせ目としては、肩関節のシーリング部分に出現します。

リア

巨大なリアアーマーはなんと1パーツ構成(「ランナー」のランナーD参照)です。

バインダーの裏のバーニア群はパーツ分けされ成形色で色再現されています。

背部の3基のプロペラント・タンクには縦に合わせ目がくっきり出てしまいます。

ディティール

(※)画像作例では、付属マーキングシールは使用せずに別売りの「ガンダムデカールNo.129 HG 1/144 ナイチンゲール用」を最小限の部分に使用しました。

アクション

大型メガ・ビーム・ライフルを構えて。

可動域が広いわけではないのですが、それを十二分にカバーする迫力があります。

ビーム・トマホークには2種類のビームエフェクトが用意されています。

両手と隠し腕で4本のビーム・サーベルを持たせることができます。

サーベルエフェクトは2種類あり、形状だけでなく長さも異なります。

比較

「HGUC Hi-ν ガンダム」と並べてサイズ感を見てみましょう。

HGUCブランドで揃えるならこの組み合わせですが、「HGUC Hi-ν ガンダム」は細身で小柄なのでナイチンゲールの大きさがより一層強調されることになります。

「RG Hi-ν ガンダム」と並べるとこのようなバランスになります。

「RG Hi-ν ガンダム」はマッシブなつくりなので、巨体のナイチンゲール相手でも存在感を発揮できます。

「RG Hi-ν ガンダム」はパーツ分けやデカールでの情報量が豊富なので、並べてディスプレイするときは情報量負けしないように、別売りの「ガンダムデカールNo.129 HG 1/144 ナイチンゲール用」をフル活用して情報量マシマシにしたいところです。

「HGUC サイコ・ドーガ」と並べるとこのようなサイズ感となります。

映画版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』でナイチンゲールのポジションとなる機体「HGUC サザビー」を並べてみました。

デザインに共通点が多く見受けられます。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填は目立ちにくい箇所が多いので、使用しての悪目立ちはない印象です。

付属マーキングシールは貼り直しがきかない仕様ですが、シールを貼る部分にモールド等のガイドがないのできれいに貼るのは至難のわざです。

そこで、貼り直しや微妙な位置調整がしやすい水転写式の「ガンダムデカールNo.129 HG 1/144 ナイチンゲール用」を代わりに使用することがおすすめです。

ハンドパーツは両手の握り手、ビーム・サーベル持ち手、右手の大型メガ・ビーム・ライフル持ち手、左手の開き手が付属します(左画像)。

両手の握り手と左手の開き手は手の甲の装甲を外すと内部に細かい造形が見えます(右画像)。

付属武装は大型メガ・ビーム・ライフル、ビーム・トマホークとそのエフェクトパーツ3種、ビーム・サーベルとそのエフェクトパーツ2種です。

余剰パーツとして、背部のスラスターが1基余ります。

ランナー

ランナーFは「HGUC シナンジュ」からの流用。

アンダーゲートが採用されているランナー多数でゲート跡が目立ちにくい。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました