【ガンプラ素組みレビュー】HGUC ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス専用機)

MSN-03 JAGD DOGA

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「HGUC ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス専用機)」のガンプラ素組みレビューです。

説明書に記載のある作例見本と成型色の色味がだいぶ違うため、お手本通りに作成するには大部分の塗装が必要になりますが、成型色が非常に美しいのでその色味を生かして作成しても十分満足できるキットでした。

塗装するにしても成型色を生かすにしても、色味を損なわないように別売りの水転写式ガンダムデカールを使用することをおすすめしたいです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ヤクト・ドーガ(ギュネイ・ガス専用機)

フロント

グリーンとイエローのコントラストが映えるカラーリングで、ジオン系統の機体らしく曲線美が表現されています。

あえて気になる点を挙げると、膝の合わせ目が目立ちやすいのと、説明書の作例ではゴールドの装甲が実際のキットの成型色ではイエローになっているので、こだわるなら多くの部分を塗装しなければなりません。

肩のスラスター内はレッドに部分塗装で対応できそうです。

サイド

目立つあわせ目もなく、横から見てもマッシブな曲線美のシルエットが楽しめます。

頭部の白黒の装飾部分はシールで色補填となり、肩部アーマーのダクト周囲とシールドのビーム拡散砲をレッドに塗分けると完成度があがりそうです。

ファンネルは成型色だと、説明書の作例のようなゴールドではなくイエローです。

リア

ところどころ見える内部フレームは成型色がガンメタリックになっていて、高級感を醸し出しています。

こだわる方はバックパックと腰部リアアーマーのスラスター内をレッドに色分けをすると完成度が上がりそうです。

ディティール

首下にモノアイを稼働させるためのつまみはなく、頭部前面の装甲を外して位置調整しなければなりません。

ヒート・ナイフ付ビーム・サーベルは腰部サイドアーマー内部に格納されています。

取り外し、ナイフパーツとビーム・サーベルのエフェクトを取り付けると右画像のようになります。

ナイフは色分けされておらず、シルバーで部分塗装するとリアル感が増します。

頭部の装飾はシールで色補填となります。

モールドで溝になっているので、位置調整はしやすいです。

シールドのネオ・ジオンのエンブレムはシールで色補填ができます。

左画像のようにシールを貼らずともモールドで形作られているので、筆塗りで対応もできそうです。

アクション

ビーム・アサルトライフルとシールドを構えてポージング。

ビーム・アサルトライフルのセンサーの色補填をするためのシールはついていないので、部分塗装でピンクにすると情報量が増えます。

ヒート・ナイフ付ビーム・サーベルを構えて。

足裏は肉抜きのない美しいつくりです。装甲裏のバーニア内はレッドに塗装したいところですね。

ファンネルの射出は、付属の軟質クリア棒でディスプレイ可能。

展開状態のファンネルは格納状態と別パーツになっています。

その他付属品等

ホイルシールは、シールドのエンブレム、モノアイ、頭部の装飾用のものです。

ビーム・サーベルのエフェクトは長短2種類から選択して使用します。

ファンネル射出状態を表現するための軟質クリア棒です。

2本ありますが、それぞれ3等分にカットして使用します。

画像の作例では、付属のモノアイシールではなく別売りの「円形メタリックシールS」を使用することで発光状態を表現しました。

頭部の装飾とシールドのエンブレムは、付属のホイルシールではなく別売りの水転写式ガンダムデカール「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ネオ・ジオン軍MS」用を使用しました。

比較

HGUC ヤクト・ドーガ(クェス・エア専用機)」並べてディスプレイ。

この2種類は並べて劇中再現したいですね。

左画像:
ギュネイ・ガス専用機のシールド(左)には別売りの水転写式ガンダムデカールで、クェス・エア専用機のシールド(右)には付属のホイルシールでエンブレムの色補填をしました。

右画像:
ギュネイ・ガス専用機のビーム・アサルトライフル(上)とクェス・エア専用機のメガ・ガトリングガン(下)

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

タイトルとURLをコピーしました