【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC 百式 ‐REVIVE‐

MSN-00100 HYAKU-SHIKI

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC 百式 ‐REVIVE‐」のガンプラ素組みレビューです。

細身で脚が長く、洗練されたデザインでリバイブされた百式です。

リバイブ版だけあって、キット自体の完成度がとても高く、素組みでも百式の魅力を堪能できます。

金銭的に余裕があれば、キンピカの「HG 1/144 ガンダムベース限定 百式[ゴールドコーティング]」もゲットしたいですね。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 百式

フロント

細身で脚が長く、かなりスタイリッシュな印象を受けます。

目立つあわせ目は背部のフレキシブル・バインダーとビーム・ライフル上部くらい、色分けもビーム・ライフル上部のパイプ部分をイエローに部分塗装するくらいで、あとは本体に墨入れをすれば完成してしまうレベルに良好です。

頭部センサーと両肩の「百」のマーキングのみ付属のシールで補填しました。

サイド

サイドから見ても、色分けやプロポーションの完成度の高さが感じられます。

ゴールド風の成型色からチラ見えするレッドのパーツといいグレーの内部フレームといい、細部までディティールが表現されています。

簡単に墨入れ仕上げでも、かなり様になると思います。

リア

リアビューもスキがない完成度。

フレキシブル・バインダーの合わせ目が若干あるくらいで、バックパックまで細かなつくりです。

頭部のセンサーは付属のシールで色補填しています。

ディティール

アクション

ビーム・ライフルを構えて。

腰の動きをつけて大胆なポージングが可能です。

ビーム・ライフルとクレイ・バズーカを同時装備。

クレイ・バズーカの持ち手が稼働し、肩掛けも難なくきまります。

ビーム・サーベルはイエローのクリアパーツのエフェクトで表現。

ディスプレイ

「 HGUC ゼータガンダム (リニューアル版)」のウェイブライダーにのって大気圏突入。

うまくバランスを取ってのせるのは結構難しかったです。

「HGUC ディジェ」と「HGUC ド・ダイ改」にて。

HGUC ド・ダイ改は一般販売されておらず、プレミアムバンダイでのみ購入できます。

比較

「HG 1/144 ガンダムベース限定 百式[ゴールドコーティング]」(左)は、イエローのパーツがゴールドにコーティングしてあるほかに、コーティング加工がされていないレッド・ブルー・グレーのパーツが高級感のある色合いになっています。

両者ともパーツは完全に共通なので、違いはカラーリングだけとなります。

「HG 1/144 ガンダムベース限定 百式[ゴールドコーティング]」を購入したい場合は、ガンダムベースのウェブサイトで在庫確認をしてから探しにいくのがおすすめです。

その他付属品等

ホイルシール(左)で頭部センサーと両肩のディティールを色補填できます。

アイセンサーは[1]デュアルアイ、[2]走査線、[3]通常から選択式です(画像作例では[3]通常を選択)。

アイセンサーはクリアブラックのEランナーでできているので、クリアブラックの色味を活かしたい場合は、[8]のシールをEランナーパーツの奥にくるように頭部に貼り、その上にかぶせる形でEランナーパーツを頭部にはめ込みます(HG 1/144 ガンダムベース限定 百式[ゴールドコーティング]の作例で選択)。

マーキングシール(右)は両肩に張り付けます(両肩で2枚+予備2枚)。

ランナー

商品リンク

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました