【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC アッガイ

MSM-04 ACGUY

『機動戦士ガンダム』より、「HGUC アッガイ」のガンプラ素組みレビューです。

何も手を加えなくてもいいくらいの完成度の高いキットで、かわいらしさとかっこよさを絶妙に備え持つアッガイを手軽に作り上げることができます。

可動域がそれほど広くないという弱点はあるも、モノアイのギミック、内部フレーム、バラエティ豊かな腕パーツなどなど、それをはるかに凌駕する魅力がつまったキットなので、まだの方はぜひ組んでみてほしいです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 アッガイ

フロント

シンプルなカラーリングということもあり色分けも素晴らしく、ずんぐりしたかわいらしいアッガイが出来上がります。

頭部モノアイの上にはクリアパーツのカバーが頭部を覆うように全体にかかっているので、チープさがでないつくり。

ゲート跡がなるべく出ないように慎重に作れば、素組みで手を加えなくてもとても完成度が高いです。

サイド

胴体側面にまっすぐ合わせ目が出ますが、腕に隠れてあまり目立たちません。

腕部と脚部はMG(マスターグレード)のように内部フレームに装甲を装着する形式なので合わせ目がでにくく、HG(ハイグレード)とは思えない高いクオリティ。

リア

脚部の内部フレームに縦に合わせ目がチラ見えするくらいで、あとは完璧といってもいいくらいの造形です。

ディティール

アクション

腕部のパーツを付け足すことで、腕の長さを延長できます。

本体の稼働域は広いとは言えませんが、股下にアクションベース接続穴があるのでディスプレイに動きが出しやすいです。

劇中のように体育座りをさせるには可動域を広げる改造が必要となるので、手軽に再現したい場合は可動域が広いMG アッガイの購入がおすすめです。

横からみると、最大でこれだけ腕が延長できることがわかります。

手は差し替え式で、上記の4パターンにすることができます。

腕部カバーパーツが付属するので、「HGUC 陸戦型ガンダム (リニューアル版)」と並べて『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の劇中シーンの再現もできてしまいます。

その他付属品等

ホイルシールは、モノアイの色補填のみです。

画像作例では、モノアイ発光状態再現のために別売りの円形メタリックシールMを使用しました。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

タイトルとURLをコピーしました