【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ディジェ

MSK-008 DIJEH

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC ディジェ」のガンプラ素組みレビューです。

プロポーション、色分け、合わせ目の少なさ、どれをとっても優秀で素組でも見ごたえのある良作キットといえる出来栄えです。

胴体は装甲が干渉してダイナミックに動かせなかったり、頭部と脚部のパイプが動かしすぎると外れやすいという弱点はありますが、肩関節の引き出し機構のおかげでポージングの際の可動域の制限を十分カバーしています。

細かいところのこだわりがふんだんに詰まっており、ぜひ組んでほしいと思えるおすすめキットです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ディジェ

フロント

マッシブさとスタイリッシュさを兼ね備えた絶妙なプロポーションのディジェが楽しめます。

本体にこれといった合わせ目は見えず色分けも良好で、素組みで十分ディスプレイ映えします。

サイド

サイドビューでも目立つような合わせ目はなく、クオリティの高さに驚きます。

背部の放熱フィンの造形が見事で、パーツ分割で発色のよい成形色のみで再現されています。

リア

リアビューでやっと少し合わせ目が見え、それでもひざ裏下のわずかな部分と、腕部くらいのものです。

あとは段落ち処理や巧みなパーツ構成でディティールに昇華しています。

ディティール

アクション

右手にビーム・ライフル、左手にビーム・ナギナタでディスプレイ。

ビーム・ライフルもビーム・ナギナタはハンドパーツにぴったりはまり、保持力良好です。

クレイ・バズ―カを両手持ちで。

肩の引き出し機構のおかげで難なく両手持ちもできてしまいます。

「HGUC 百式 ‐REVIVE‐」と「HGUC ド・ダイ改」で劇中再現。

「HGUC ド・ダイ改」はプレミアムバンダイのみでの展開で、市販されていないのが残念です。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填箇所は限定的で、成形色での色分け再現の優秀さを物語っています。

上からクレイ・バズーカ、ビーム・ライフルが付属。

ビーム・ライフルは単色だと味気ないので、パイプ部分はイエローに塗装したいですね。

ビーム・ナギナタはディジェ本体のシルエットと相まって、ゲルググを連想させます。

ディジェの開発にジオン系のエンジニアが関与していた証左です。

ハンドパーツは上から両手の握り手、右手のライフル持ち手、左手の開き手が付属します。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました