【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ネモ

MSA-003 NEMO

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC ネモ」のガンプラ素組みレビューです。

量産機といってあなどれない、レベルの高いクオリティでネモが再現されたキットです。

目立つ合わせ目は控えめでパーツ構成や段落ち処理などで目立ちにくくする工夫がされており、細部のディティールもこだわりが感じられる作りです。

ただし、弱点として付属シールもしくは塗装での色分けが必要な個所が目立つところにあり、対応箇所も多いので塗装ができる中~上級者のほうがかっこよくネモを再現できそうです。

また、ひざから下の脚部が外れやすいのでポージングはゆっくり丁寧に行う必要があります。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ネモ

フロント

鮮やかなエメラルドグリーンの成形色がきれいです。

シールや塗装での色補填が必要な箇所は多いですが合わせ目はかなり目立ちにくいつくりで、胴体上部、アンクルアーマー前面端、ビーム・ライフル上部くらい。

サイド

横から見ると目立つ合わせ目は頭部側面、ショルダーアーマー上部あたりです。

その他はパーツ構成の工夫や段落ち処理で目立ちにくくしてあったり、パネルラインとして機能させるなどこだわりを感じます。

リア

リアビューでも目立つ合わせ目はわずか腕のひじより先のみ。

バックパックのスラスター付け根のモールドやひざ裏のパイプ、足の付け根のシリンダーなどディティールに力が入っています。

ディティール

アクション

母艦より出撃するネモ。

開き手が付属するので、表情づけが豊かにできます。

弱点としては脚部がひざの部分で分離しやすいので、ポージングの際は若干ストレスを感じるかもしれません。

ビーム・サーベルで応戦。

エフェクトパーツは短めのグリーンです。

ビーム・サーベルの柄もエフェクトパーツもそれぞれ2本付属します。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填箇所は多めで、目立つ場所にも使用するのでできれば塗装で対応したいところです。

画像作例では頭部バイザー内に(ウ)のシールを使用しましたが、印刷された模様が浮いてしまいチープ感がでるので貼らなくもよかったかなという感想です。

(ア)と(コ)はZ版のネモには使用しない余剰分となります。

ちなみに、頭部バイザー内はシールを貼らなくてもモールドでレールの表現がされています(「ランナー」のB1ランナーNo17パーツ参照)。

ハンドパーツは充実しており、上から両手の開き手、両手の握り手、両手のビーム・サーベル用の握り手、右手のビーム・ライフル用の握り手となっています。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました