【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ケンプファー

MS-18E KÄMPFER

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』より、「HGUC ケンプファー」のガンプラ素組みレビューです。

とにかく武装の種類が豊富で、プレイバリューが非常に高い人気キットです。

付属のシールでは色分けがしきれず塗装が必要な個所もありますが、そのままでもケンプファーの魅力が損なわれるレベルではないので安心して組むことができます。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ケンプファー

フロント

ジオン系のキットにしては珍しく、曲線美を保ちながらスリムなシルエットに仕上がっており、スタイリッシュな印象を受けます。

頭部と左肩のホワイトはシール補填となっており、つなぎ目の段差がすこし気になります。

鎖骨部分と股部分のダクトは色分けされておらず、ブルーではなくイエローが本来の色です。

武装類(ジャイアント・バズ、ショットガン、シュツルム・ファウスト)は真ん中に合わせ目が見えます。

サイド

大量の武装をいっきにマウントできます。

ショルダーアーマーに合わせ目、腕にパーティングラインが見えますが、あまり目立ちません。

脚のスラスター部は、こだわるならイエローに塗装が必要です。

リア

腰にショットガンをマウント可能です。

脚の合わせ目は段落ちモールドで目立たない工夫がされています。スラスター内は、こだわるならイエローの塗装で補填が必要です。

アクション

開き手でショットガンを支えるポージング。足が大きいのでとても安定します。

ジャイアント・バズは手持ちも可能。

ビーム・サーベルはクリアイエローで再現。

チェーン・マインはリード線で接続しているので、自在に形作れます。

モビルスーツに絡みつけるディスプレイももちろん可能で、こだわる方は、〇状のモールド内にイエローの色補填が必要。

シュツルム・ファウストも手持ち可能。

劇中の低空飛行を再現。

アクションベース5を使用しています。

その他付属品

ホイルシールとマーキングシールが付属。

モノアイは非可動で、シールの貼付箇所で表情付けが必要なため、3つ付属しているのはありがたいです。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました