【ガンプラ素組みレビュー】 HG ダリルバルデ

MD-0064 DARILBALDE

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ダリルバルデ」のガンプラ素組みレビューです。

マットな成形色の質感で高級感があり、目立つ合わせ目が少なく簡単墨入れで足りない色分けもカバーでき、ディスプレイも様々なパターンを楽しむことができるコスパ良好のおすすめキットです。

ドローンがそれぞれ大きめのパーツなので、「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を1セット使うだけで立体的で存在感のあるディスプレイが楽しめます。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ダリルバルデ

フロント

圧倒的な完成度で、合わせ目としてカウントすべきものは見当たりません。

成形色はマットな質感で、レッドという派手な色調なのに落ち着いた印象を受けます。

サイド

サイドから見ても申し分ない出来映えで、粗探しレベルになりますが胴体側面にところどころ小さな合わせ目が見えるくらいです。

リア

リアビューでもキットそのものクオリティの高さが感じられ、目立つ合わせ目はありません。

リアアーマーがレッド一色で立体感がでにくいので、簡単に墨入れすれば格段に見違えること間違いありません。

ディティール

アクション

ビームジャベリンを構え臨戦態勢。

ハンドパーツにビームジャベリンへの接続軸はないので若干の不安定感はありますが、ディスプレイに支障がでるほどではありません。

付属のディスプレイベースとアクションベース5を使ってシャクルクロウ射出状態を再現。

両足が浮遊した画像の状態にするには、アクションベース5の台座とシャクルクロウを接続するためのアクションベース5に同梱されるパーツが2セット必要で、アクションベース5を2セット購入する必要があります。

「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を1セット使用して、イーシュヴァラ(Bタイプ)とアンビカーの浮遊状態を表現しました。

イーシュヴァラ(Bタイプ)から射出されるエフェクトパーツは劇中ではグリーンでしたが珍しいクリアパープルに変更されており、これはこれで機体色と調和していてかっこいいです。

「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を1セット使用して、イーシュヴァラ(Aタイプ)とアンビカーを浮遊させてディスプレイしました。

ドローンの各パーツがおおぶりなので、立体的なディスプレイがよく映えるキットです。

比較

同じジェターク・ヘビー・マシーナリー開発の「HG ディランザ(グエル専用機)」とならべてみました。

全体的に丸みを帯びたフォルムをはじめ、頭部センサーや胸部形状、足の接続部など類似点が多々見つかります。

その他付属品等

付属ホイルシールで頭部センサーや胸、肩、脚、アンビカーの発光/非発光状態を表現することができます。

ハンドパーツは両手の握り手と左手の開き手が付属します。

ビームジャベリン(左画像)は分離してビームアンカーとビームクナイ(右画像)になります。

ビームサーベルのエフェクトパーツはなかなか見ないクリアパープルでレアです。

サーベルの柄はなく、バックパックにマウントされているイーシュヴァラ(Bタイプ)に直接接続します。

上からアンビカー、イーシュヴァラ(Bタイプ)、イーシュヴァラ(Aタイプ)、シャクルクロウが本体から分離し、劇中のテクニカルな攻撃を再現できます。

リード線が2本付属し、専用の接続パーツとアクションベース5等に付属のディスプレイ用パーツを使用することで、シャクルクロウの射出時の有線誘導状態を再現できます。

簡易的なディスプレイベースが付属します。

高さは調整できませんが、股下の接続穴への接続軸の角度は3段階に角度調整できます。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました