【ガンプラ素組みレビュー】 HGCE ストライクルージュ

MBF-02 + AQM / E-X01 STRIKE ROUGE

『機動戦士ガンダムSEED』より、「HGCE ストライクルージュ」のガンプラ素組みレビューです。

「HGCE 1/144 エールストライクガンダム」のカラーバリエーション機ではありますが、成形色が全体的に同系色でまとまっているので、エールストライクよりもおちついた印象が魅力的です。

カガリのパーソナルマークのマーキングシールが付属しており、カガリのファンにとっては入手マストのアイテムです。

フロント

全体的に落ち着いた薄いピンク色の装甲で、意外とシックな印象を受けます。

パーツ分けが優秀で、本体には目立つ合わせ目が見えませんし、立体的な造形が素組みでも楽しめます。

サイド

頭部側面や背部のエールパックに一部合わせ目が発生しますが、成形色がうまく作用してそれほど目立ちません。

背中が重そうですが、意外と安定して自立できます。

リア

エールパックのダクトのつくりなど細かい造形にこだわりを感じ、見ていてずっと楽しめます。

ただリアビューは合わせ目が多く、エールストライカーパックの中心部と、ふくらはぎから足首あたりまでまっすぐ出現してしまいます。

ディティール

【ガンプラ素組みレビュー】HG ストライクルージュ+I.W.S.P.
MBF-02 STRIKE ROUGE + I.W.S.P. 『機動戦士ガンダムSEED MSV』より、「HGストライクルージュ+I.W.S.P.」のガンプラ素組みレビューです。 古めのHGということもあり、色分け不足、可動域狭い、合わせ目

アクション

アクションベース接続に対応し、57mm高エネルギービームライフルで狙撃ポーズ。

エールストライカーパックを大きく広げると存在感がありポージングが映えます。

ビームサーベルはエールストライカーパックにマウントしているものを使用。

ハンドパーツの保持力にまったく問題なしです。

ウイングをたたんで出撃時の再現もできます。

アーマーシュナイダーは本体に格納はできませんが、2本付属するので両手に持たせて格闘戦を表現できます。

比較

「ENTRY GRADE ストライクルージュ」とならべてみました。

画像左のHGCEのストライクルージュはうすめピンクで落ち着いた色合いですが、画像右のENTRY GRADEは強めのピンクで、どことなくかわいらしい印象です。

「HGCE エールストライクガンダム」(画像左)とならべて比較。

「HGCE エールストライクガンダム」とは成形色の色味が違うほか、マーキングシールの付属の有無も相違点です。

エールストライカーパックやビームサーベルの柄の色味までしっかり変化しています。

その他付属品等

付属ホイルシールはセンサー類、シールド上部、ウイングの色補填に使用できます。

ウイングのレッド部分は面積が広く、成形色と色味がどうしても若干変わってしまうので悪目立ちしがちで、できれば塗装したい部分です。

カガリのパーソナルマークを補填できるマーキングシール付きです。

左脚の「210」もマーキングシールで補填できます。

ビームサーベルは柄とエフェクトパーツどちらも2本付属です。

アーマーシュナイダーも2本付属します。

刃の部分はライトグレーに塗装するとディスプレイ映えしますね。

商品リスト

DMM通販

Amazon

Rakuten

※楽天トイザらスでは「ENTRY GRADE RX-78-2 ガンダム [スノーイメージカラー]」と選択不可なのでご注意ください。


コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました