【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC スーパーガンダム

FXA-05D+RX-178 SUPER GUNDAM

『機動戦士Zガンダム』より、「HGUC スーパーガンダム」のガンプラ素組みレビューです。

マッシブな印象の旧HGUC ガンダムMk-Ⅱが付属するキットですが、通常のガンダムMk-Ⅱとしての武装がフルで楽しめるほか、Gディフェンサー→Gフライヤー→スーパーガンダム+コア・ファイターと合体・変形機構も楽しめる盛り盛りの大ボリュームとなっています。

Gディフェンサーはリバイブ版のガンダムMk-Ⅱにも対応しているので、スリムな印象のリバイブ版ガンダムMk-Ⅱでスタイリッシュなスーパーガンダムを楽しみたい方にもおすすめです。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC スーパーガンダム

Gディフェンサー

まずはガンダムMk-Ⅱのサポートメカである可変戦闘機「Gディフェンサー」を作成します。

フロントビュー
リアビュー

RX-178 ガンダムMk-Ⅱ

このキットには旧HGUCのガンダムMk-Ⅱが付属します。

ずっしりとした印象のガンダムMk-Ⅱです。

旧バージョンのHGUCなので、頭部、腕部、脚部前面に目立つ合わせ目がみえてしまします。

頭部センサーとシールドのイエローは付属シールによる色補填です。

スーパーガンダムへの変形時には使用しない頭部バルカンポッド、シールド、ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカもしっかり付属するのがうれしいです。

ビーム・サーベルは右手と一体成型で色分けもなく真っ白です。

サーベル部分をピンクに、マニピュレーター部分をグレーに塗装が必要ですね。

シールドをたたんで短くすることができるのは、リバイブ版HGUC ガンダムMk-Ⅱと同様です。

「HGUC ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様) ‐REVIVE‐」(左)と比較して。

リバイブ版はスリムでスタイリッシュに仕上がっていますが、マッシブで堂々とした旧HGUC ガンダムMk-Ⅱも味があって、甲乙つけがたいです。

Gフライヤー

GディフェンサーとガンダムMk-Ⅱを合体させることで「Gフライヤー」形態に移行します。

スーパーガンダム

Gフライヤー形態からGディフェンサーのコア・ファイターを分離し、いよいよ「スーパーガンダム」形態の完成です。

ロング・ライフルは分離して手持ちにします。

縦にも横にも幅をとるので、存在感がすごいことになります。

分離したコア・ファイターをアクションベース5に接続してディスプレイ。

互換性

Gディフェンサーはリバイブ版のガンダムMk-Ⅱにも互換性があり、難なくスーパーガンダム形態にすることができます。

「HGUC ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様) ‐REVIVE‐」でスーパーガンダムにしてみました。

その他付属品等

付属のホイルシールの補填面積は大きめで目立つので、できれば塗装で対応したいところ。

ランナー

商品リンク

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました