【ガンプラ素組みレビュー】 HG ガンダムファラクト

FP/A-77 GUNDAM PHARACT

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ガンダムファラクト」のガンプラ素組みレビューです。

すらっとして洗練されたシルエットに加えて、両腕・両脚・バックパックに多様なギミックが詰め込まれていて、飾るも動かして遊ぶも大満足なキットとなっています。

各所のクリアパーツの使い方が効果的で、チープになりがちな付属ホイルシールを使用してもスタイリッシュさが損なわれず、むしろファラクトの優秀な機体デザインをさらに強調してくれています。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ガンダムファラクト

フロント

かなり細身でスタイリッシュなシルエットになっています。

合わせ目が出るような部位にはとことん段落ちモールドの処置が施されているので、素組みでもその洗練されたデザインを損なうことがありません。

ほぼ目につかないところで、リアアーマー裏の肉抜き穴が気になる人は気になるかも程度はありますが、全体的に高いクオリティを誇ります。

サイド

サイドビューでも、キットそのもののクオリティの高さを堪能できるスキのない完成度です。

胸、肩、脚の発光部は付属シール補填ではありますが、カバーのようにクリアブラックのパーツをシールに被せるので、シールによるチープさがでるどころか逆に高級感のある見映えになっています。

リア

バックパックのアーム部分に肉抜き穴が見えますが、肉抜き穴の内部にまでモールドが彫られており、チープさをおさえる工夫がされています(「ディティール」参照)。

ディティール

アクション

アクションベース5を使用して、ビームアルケビュースを両手持ちでディスプレイ。

片手でもしっかり保持できますが、銃身が長いので付属の開き手を使うとポージングがより様になります。

股下にはアクションベースに対応する接続穴があり、ダイレクトにアクションベースと接続できます。

低重力下を自在に飛び回るファラクトをイメージ。

ビームサーベルの保持力も高く、機動性の高い本機の設定に合わせて自在なポージングが可能です。

「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を2セット用意すれば、すべてのコラキを浮かして電磁ビームスタン攻撃を再現することができます。

その他付属品等

付属ホイルシールで頭頂部の非発光状態、胸・肩・脚の発光状態の色補填が可能です。

ハンドパーツは両手の握り手と左手の開き手が付属します。

ビームアルケビュースは段落ちモールドが多用されており、合わせ目が目立ちにくくなるように工夫されています。

先端には肉抜き穴が見えます。

ビームサーベルの柄は両腕の装甲内に格納されます。

ビームサーベルのエフェクトパーツも2本付属で、両手持ちも可能です。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました