【ガンプラ素組みレビュー】HGUC νガンダム (ヘビー・ウエポン・システム装備型)

FA-93HWS νGUNDAM HWS

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、「HGUC νガンダム (ヘビー・ウエポン・システム装備型)」のガンプラ素組みレビューです。

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)が長期化していたら配備されていたであろう機体、というIFの世界のロマンがつまったキットです。

「HGUC νガンダム」のランナーがそのまますべて含まれ、さらにはHWS用のランナーとシールまでもが+300円程度の価格で追加されているというお買い得なキットでもあります。

「HGUC νガンダム」か「HGUC νガンダム (ヘビー・ウエポン・システム装備型)」かで迷ったら、まちがいなくこちらを購入すべきでしょう。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 νガンダム(ヘビー・ウエポン・システム装備型)

フロント

装備もりもりで大ボリュームですが、全体としてまとまりのあるデザインで見ているだけでわくわくするような立ち姿です。

完成度が非常に高いキットですが、ホワイト主体のシンプルなデザインだけあって、墨入れをしないとシンプルすぎてさびしい印象はあります。

サイド

頭部センサー、左肩のアムロのエンブレム、腰左のフロントアーマーとシールドのマーキング、シールド下部の左右のブラック部分、つま先のイエロー部分がシール補填箇所となります。

画像の作例では、腰前面のV字エンブレムにはイエローのシール補填をしていません。

リア

ニュー・ハイパー・バズーカは背中にマウントできますが、すこしポロリしやすかったです。ビーム・サーベルもフィン・ファンネル反対側に格納。

ビーム・サーベルが格納されているイエローのパーツは、中央のラインに暗めのブルーで色補填が部分塗装で必要となります。

ヘビー・ウエポン・システム

HGUC νガンダムに、画像の追加装備を装着することでヘビー・ウエポン・システム装備型となります。

通常のHGUC νガンダムのキットに300円プラス程度の価格で販売されている本キットですが、300円でこの充実した追加装備が付属すると考えるとお得ですね。

胸部の追加装備のディティールです。

基本的に色補填は必要なく、墨入れをしてあげるだけで完成度が一気にあがります。

肩部ミサイルランチャーは多少上下に可動します。

フロントのアーマーは通常のνガンダムのものと差し替え式、リアのアーマーは通常のνガンダムのものにかぶせる形で装着します。

リアアーマーの先端内部はイエローに塗り分けが必要となります。

両脚の追加装甲は色分けが細かくされています。

イエローパーツ内部をブラックに塗装するだけです。

ハイ・メガ・シールドは通常のνガンダムのシールドにかぶせる形で装着。

ハイパー・メガ・ライフルは自立させることができます。

デュアルセンサーはレッドのホイルシールにて色補填しています。

フィン・ファンネル

フィン・ファンネルは中央パーツ付近の色分けが、成型色ではされていません。

付属のホイルシールでイエローを補填するか、部分塗装で対応になります。

上記画像では、シール補填等せず成型色のままにしています。

フィン・ファンネルはもちろん、射出状態の形状を再現可能です。

アクション

ハイパー・メガ・ライフルは手持ちにしてもしっかり保持してくれます。

ただ、追加装甲が厚くどうしても可動域が狭くなってしまい、ポージングの幅は限定されてしまいます。

アシンメトリーなデザインもあって重心がずれて傾きがちなので、慎重にバランス調整。

背中にマウントしていたニュー・ハイパー・バズーカも余裕で構えることができます。

ハイ・メガ・シールドは重たいので、構えるときは腕が下がってきてしまいますが、なんとか工夫して保持できるバランスを探しました。

その他付属品等

ホイルシール(左)とマーキングシール(右)が付属。

ブラックのホイルシールは主にハイ・メガ・シールドに使用しますが、意外とシールで色補填しても悪目立ちせず、むしろかっこよくなじみました。

このキットにはHGUC νガンダムのランナーがすべて含まれているため、通常のνガンダムの装備もすべて付属しています。

もちろん、通常のνガンダムに組み替えることも可能。

余剰パーツを取り付けることで、両肩にフィン・ファンネルを装備する「ダブル・フィン・ファンネル」形態にすることもできます。

ただし、フィン・ファンネルはもう1セット準備し、合計2セット(合計12本)必要です。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

タイトルとURLをコピーしました