【ガンプラ素組みレビュー】 HG フルアーマー・ガンダム (GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)

FA-78 FULL ARMOR GUNDAM

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』より、「HG フルアーマー・ガンダム (GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)」のガンプラ素組みレビューです。

合わせ目や付属シールでの色補填箇所が多めのキットで、素組み派モデラーはためらってしまうかもしれませんが、豊富な武装類による圧倒的な情報量で、組んでみると意外と悪目立ちがせず結構様になってしまうそんな優秀なキットです。

HGなのに対象年齢がRG並みの15歳以上ということで、パーツが鋭利だったり付属シールが細かかったりと、組み立て難易度はHG以上RG未満といったところでしょうか。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)

フロント

このごちゃごちゃしていて情報量ましましな感じがサンダーボルト機体の魅力です。

合わせ目は腕部装甲や脚部関節シーリング、2連装ビーム・ライフルなどにしっかり見えています。

サイド

立体感があり素立ちでもよく映えるキットです。

合わせ目は多めで、頭部側面、胴体と肩の上部、腕関節のシーリング、ランドセル上部、ランドセルの大型ビーム砲とミサイル・ポッドの上部などに見えますが、(いい意味で)ごちゃごちゃしたつくりのせいで目立ちにくくなっています。

リア

合わせ目が見えるのは、腕部、脚部関節のシーリング、脚部下の装甲、ランドセルのプロペラントタンクです。

ランドセルが重そうに見え、実際重たいのですが自立は問題なくしてくれます。

ディティール

アクション

付属の台座を使用してディスプレイしました。

縦・横・奥と立体的な動きがつけられるので、ディスプレイ映えがします。

ビーム・サーベルを持たせてポージング。

ビーム・サーベルのエフェクトはMGによく付属するタイプの長身のものなので、ボリューム感のあるディスプレイとなります。

ビーム・サーベルの柄とハンドパーツは接続軸で固定しないので、保持力は弱いです。

その他付属品等

付属のホイルシールの色補填箇所はかなり多めです。

画像作例ではすべて使用しましたが、意外と悪目立ちしにくく、塗装環境がなくてもちゃんと魅力が引き出せます。

付属のマーキングシールでさらに情報量を増やすくこともできます。

腰の「V」マークは、付属ホイルシールではなくこちらの付属マーキングシールで色補填ができます。

ハンドパーツは上から両手の握り手と武器持ち手が付属します。

大ボリュームのランドセルには大型ビーム砲とミサイル・ポッド、4枚のシールドのうち2枚はランドセルのアームに接続可能で、あとの2枚は2連装ビーム・ライフルとロケット・ランチャーに接続するか、本体の腕部に直接接続できます。

ビーム・ライフルの柄はランドセルに2本格納されており、長身のエフェクトパーツも2本付属します。

画像上はランドセルとシールドを接続するためのアームで、画像下はシールドを接続しない場合の格納された状態のアームです。

選択して使用します。

腕部に直接シールドを接続する場合の接続用パーツが両腕分付属します。

台座が付属します。

股下の接続穴に直接接続する仕様で、接続部の角度を変えることができます。

ランナー

ランナーGは「HG ジム(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)」と共通。

商品リスト

「GUNDAM THUNDERBOLT Ver.」はアニメ準拠、「ガンダムサンダーボルト版」は原作準拠のカラーリングになっています。

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました