【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC ガンダムF91

F91 GUNDAM F91

『機動戦士ガンダムF91』より、「HGUC ガンダムF91」のガンプラ素組みレビューです。

小型のモビルスーツなので、それを1/144にしたこのキットにおいても全長は低めで、部品が細かくHGUCにしてはやや組み立て難易度が高めのキットです。

印象深い劇中のシーンを再現するための付属品は豊富で、パーツや武装を差し替えてディスプレイを存分に楽しめます。

シールの色補填が多いので、F91らしくよりかっこいい仕上げにするには塗装が必須となります。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 ガンダムF91

フロント

小型のキットですが、F91の魅力がギュッと凝縮されています。

胴体や膝付近の造形も細かく、F91らしさがきれいに表現されています。

目立つ合わせ目はビーム・ライフル上部、主な色分けが必要な部分は両肩の「F91」・両ひざの「∇」(付属ホイルシールにて色補填)、頭部と胸部の砲身・フロントアーマーの三角形のモールド・左腕のビーム・シールド側面(イエローに要塗装)です。

サイド

頭部/ビーム・ライフル/ビーム・ランチャーのセンサー、左腕のビーム・シールドの「∇」、背部のヴェスバーは付属ホイルシールで色補填しました。

特にヴェスバーはシール面積が広く本体との材質の違いで浮いて見えてしまうため、塗装すると見栄えがぐんとよくなります。

くるぶし付近のモールド内も、イエローとブラックで塗装すると情報量が増えそうですね。

リア

背部にはビーム・ランチャーがマウントできます。

背部スラスターのディティールがかっこいいですが、スラスター内部はイエローとブラックに塗装するとよりF91らしさを演出できます。

脚の「∇」は付属ホイルシールにて色補填です。

ヴェスバーには合わせ目がくっきりでてしまいますので、合わせ目消しもしたいところ。

ディティール

比較

ホイルシール補填なし(左画像)とホイルシール補填あり(右画像)の比較です。

色補填しないと、全体的に単調なカラーリングになってしまいますね。

アクション

ビーム・ライフルとヴェスバーを構えて。

ひざから露出する内部フレームの造形もかっこいい。

ビーム・シールドを展開。

イエローグリーンのクリアカラーが美しくディスプレイが映えます。

ビーム・サーベルを二刀流で。

劇中再現も思いのままです。

金属剥離効果(MEPE)のシーンも、フェイスパーツと肩部フィンを差し替えることで実現可能。

ビーム・ランチャーは全体的にホワイトで色分けが足りていないので、グレーで部分塗装するとより引き締まりそうです。

その他付属品等

ホイルシールは、頭部センサー、肩部マーキング「F91」、本体各部の「∇」、ヴェスバー、ビーム・ライフルとビーム・ランチャーのセンサーの色補填に使用します。

面積が大きいシールがあり、シール補填箇所も多く結構悪目立ちしやすいので、塗装で色分けできればF91本来のかっこよさがより引き立つと思います。

ランナー

全体的にパーツが小さく細かいので、部品をなくさないように注意が必要。

細かい手先の作業になるので、組み立て難易度もやや難しめ。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました