【ガンプラ素組みレビュー】 HG ハインドリー・シュトルム

CFP-013 HEINDREE STRUM

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ハインドリー・シュトルム」のガンプラ素組みレビューです。

ハインドリーを実戦仕様に変更したハインドリー・シュトルムですが、素体の「HG ハインドリー」がキットとしてクオリティが非常に高いので「HG ハインドリー・シュトルム」としても造形、色分け、可動域どれをとっても大満足の完成度を誇ります。

買ってまず後悔しない出来映えで、おすすめしたいキットのひとつです。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ハインドリーシュトルム

フロント

目立つような合わせ目がなく、従来のHGであれば合わせ目がつきものだったビームライフルの上部でさえも、段落ちモールドで合わせ目を隠す工夫が施されています。

サイド

脚下部に縦に合わせ目が出るほかは、パーツの合わせ目がデザインになじむような場所に配置されて目立つものがなく、圧倒的なクオリティです。

リア

リアビューでも合わせ目という合わせ目が出現せず、見惚れるような完成度です。

バックパックのビームキャノンまでも、段落ちモールドやパーツ構成の工夫で合わせ目が隠れています。

ディティール

アクション

ビームライフルで狙いを定めて。

大型のビームライフルはハインドリーが携行しているものと比べてバッテリーカートリッジ容量が3倍になっています。

ビームライフルを両手持ちで。

可動域が良好で、ひざ立ちがきれいにきまります。

ビームサーベルはハンドパーツに完全固定はできず、やや上下にするすると移動してしまうきらいはありますが、保持ができないほどではありません。

比較

「HG ハインドリー」(画像左)と並べてみました。

カラーリングはもとより、頭部形状、胸部や腰部の装甲やシールドの形状、携行武装、バックパックといった違いが各所に見つかります。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填は少なめで、使用部位としても目立ちにくい場所なので気兼ねなくシール使用ができます。

ビームサーベルの柄は1本なので、2本付属するエフェクトパーツのうち1本は予備パーツとなります。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました