【ガンプラ素組みレビュー】 HG ハインドリー

CFP-010 HEINDREE

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ハインドリー」のガンプラ素組みレビューです。

劇中では脇役ポジションの機体ではありますが、キットのクオリティとしては全体としてクオリティが高い水星の魔女キットのなかでも上位に食い込みそうな勢いで、可動域良好、しかも組み立て工程もシンプルで簡単という、プラモデルとして屈指の完成度を誇ります。

グラスレー・ディフェンス・システムズのMSキットはどれも素晴らしい出来です。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ハインドリー

フロント

相変わらずの水星キットクオリティで、脇役でも容赦なく妥協なしの高クオリティな仕上がりとなります。

合わせ目が徹底排除(段落ち処理やパネルライン化)されているので、安心して素組みで楽しめます。

サイド

サイドビューでもスキを見せない巧みなパーツ構成による造形です。

唯一目立つ合わせ目として、脚下部の装甲に縦に合わせ目がでるくらいです。

リア

バックパック下部の大きめのスラスターに縦に合わせ目が出現します。

首関節は肉抜き穴がありますが、バックパックに隠れて見えにくくなっています。

ディティール

アクション

ビームハンドガンを構えて劇中再現。

アクションベース5を股下の接続穴に直接続できます。

ランスが一体化したシールド部分は回転するので、ランスを突き付けるポージングも可能です。

可動域が優秀で、こんなバランスがとりにくいポージングも思うがままです。

比較

同じグラスレー社が開発したMSを並べてみました。

実際に組んでみると、フレームの造形や構造が標準規格化されていることがより実感できると思います。

その他付属品等

付属ホイルシールでメタリックパープルとホワイトの設定色はすべて色補填できます。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました