【ガンプラ素組みレビュー】HG ミカエリス

CFK-029 MICHAELIS

『機動戦士ガンダム 水星の魔女』より、「HG ミカエリス」のガンプラ素組みレビューです。

成形色の色・質感、合わせ目の目立たなさ、付属シールのなじみ方、どれをとってもなかなか類を見ないレベルで出来のよいクオリティにまとまっています。

モールドの溝が深く部分塗装や墨入れがしやすいつくりなので、ちょっと手を加えるとさらに見栄えが良くなること間違いないでしょう。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ミカエリス

フロント

パーツ構成がとにかく優秀で、合わせ目が見事にデザインに昇華しています。

ホワイトの成形色がマットな仕上がりで、プラスチック素材のチープ感が全くありません。

サイド

頭部のパープルパーツは1パーツ構成で、側面にパーティングラインがうっすらでていますが目立ちません。

脚部は内部フレームを組んだ後に装甲を取り付ける構造なので合わせ目が目立ちにくく、足の付け根あたりのパープルの装甲にわずかに合わせ目が見える程度です。

リア

首関節と足の付け根のフレームに若干肉抜き穴が見えますが、合わせ目はやはり目立たず高水準の完成度です。

足が小さく、自立はしますが重心調整はやや慎重にする必要があります。

ディティール

アクション

両手からビームサーベルを射出し迫りくるミカエリス。

サーベルエフェクトは短めのSB6パーツが採用されています。

ビームブレイサーを展開。

股下の接続穴にアクションベース5がダイレクトに接続できます。

ビームブレイサ―を有線遠隔操作。

ビームブレイサー用の台座がつくので、手軽に動きのあるアクションができます。

比較

同じグラスレー・ディフェンス・システムズ開発の「HG ベギルベウ」と並べました。

各所のパーツ形状は変わっていますが、デザインやカラーリングに色濃くベギルベウの特徴を残しています。

グラスレー・ディフェンス・システムズ開発の「HG ベギルペンデ」も追加しました。

ベギルベウを基準にすると、ミカエリスはデザインとカラーリング、ベギルペンデはひとつひとつのパーツ形状とシルエットがそっくりです。

その他付属品等

付属のホイルシールで頭部、肩部、脚の付け根、ビームブレイサー内部の色補填ができます。

ビームブレイサー内部は、アインチドートデバイス非稼働時なら[5]~[7]、稼働時なら[8]~[10]を選択して使用します。

ビームサーベルのエフェクトは右腕のビームブレイサーと左腕のショートシールドに対応しています。

付属のリード線に、右腕とビームブレイサーに接続するためのパーツを取り付けます。

ビームブレイサーを浮かせるためのスタンド(ランナーCE-1)が付属します。

ランナー

ランナーA、B1、B2、C、Dはどれも新規造形。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました