【ガンプラ素組みレビュー】 HG ガンダムキマリスヴィダール

ASW-G-66 GUNDAM KIMARIS VIDAR

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、「HG ガンダムキマリスヴィダール」のガンプラ素組みレビューです。

鉄血のオルフェンズHGとしてはポージングの保持力が高く成形色の色分けも良好で、とっつきやすくおすすめのキットです。

ただし、それでも面積が広かったり複雑な形状だったりするパーツへのシール色補填や、合わせ目がかなり目立ちやすい構成となっていることもあり、手を加えて自分好みにしたいという挑戦的なモデラーのニーズも満たしてくれます。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ガンダムキマリスヴィダール

フロント

成形色での色分けが細かいところまでされており、付属シールをほとんど使用していない画像作例でも良い見映えです。

ただし合わせ目が腕部と脚部にまっすぐ出現し、特に脚部の合わせ目は部位的も面積的にも相当目立ちます。

サイド

肩部、胴体側面、もも(サイドアーマーに隠れる)に合わせ目が発生します。

足の形状が独特で接地面積が少ないですが、しっかり安定して自立します。

リア

リアビューでも合わせ目は出てしまい、後頭部にわずか、腕部はひじ下にがっつり、ひざ裏装甲にまっすぐ出現します。

背部サブアームは格納状態になっています。

ディティール

アクション

ドリルランスにシールドから直接特殊KEP弾を装填したところをディスプレイ。

ダインスレイヴの発射機構がしっかりギミック化されています。

ソードを片手に「HG ガンダムバエル」と劇中再現風にディスプレイ。

ハンドパーツへのロック機構はありませんが、問題なく保持できます。

ドリルニーで「HG ガンダムバエル」と劇中再現風ディスプレイ。

ドリルは本物のドリルのようなリアルな形状をしています。

比較

「HG ガンダムキマリス」「HG ガンダムヴィダール」と劇中登場順にならべてみました。

ガンダムヴィダールは擬装用のモビルスーツなのでキマリスとしての面影が全くありませんが、キマリスヴィダールでキマリスっぽさを取り戻しつつもヴィダールらしさを一部継承しているデザインになっているのが興味深いですね。

「HG キマリストルーパー」も一緒に並べてみたくなります。

その他付属品等

付属ホイルシールでの色補填は部位数としては少な目ではありますが、面積が広いものや複雑な形状に貼り付けるものもあり、可能ならば塗装したほうがシール特有のチープさをおさえることができます。

ハンドパーツは両手の通常握り手と右手のドリルランス用握り手が付属します。

ドリルランスはダインスレイヴ発射口がイエローの成形色で色分けされている一方、裏面まで全面的にイエローになってしまっているので、ここはブラウンに塗装が必要です。

劇中の格闘シーンで印象的だったソードが付属します。

接続穴でサイドアーマーにマウントできる仕様です。

ドリルが付属し、劇中でこれまた印象的なドリルニーも再現可能です。

1本の付属なので、片ひざ分のみです。

特殊KEP弾は2本付属で、両側のシールド内部に格納されます。

ランナー

ランナーAは「IBO ガンダムフレーム2」表記。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました