【ガンプラ素組みレビュー】 HG ガンダムマルコシアス

ASW-G-35 GUNDAM MARCHOSIAS

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』より、「HG ガンダムマルコシアス」のガンプラ素組みレビューです。

ヒロイックな外観から一変、サブアームを展開すると異形の悪魔のよそおいとなる謎に包まれた機体が、ギミック満載で1/144スケールキット化されています。

造形としては申し分なくかっこいいのですが、鉄血キットについてまわる成形色での色分け不足はしかたないとして、ガンダムフレームの保持力がボリュームのある装甲重量につりあっておらず、自立が不安定で、特に頭部アンテナ、腰のボールジョイント接続、腰部サブアームがポロポロ外れてしまいます。

完成度を上げたいのであれば、塗装やフレームと装甲の接続強度改善の改造は必須となる、中~上級者向けの手ごたえのあるキットです。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ガンダムマルコシアス

フロント

安定した自立が難しい(自立が不可能ではないのですが)ので、アクションベース5に固定してみていきます。

装甲の成形色はうすくピンクがかっており、ヒロイックなデザインの中にどこか優しげなニュアンスを含みます。

正面からだと腕部上面に合わせ目が目立ちます。

サイド

背部のサブアームが重く、ガンダムフレームの胴体接続のボールジョイントが耐えきれず上半身がのけぞりがちです。

目立つ合わせ目としては、バックパック上面と側面、ももの側面に出現しています。

リア

背部の巨大なサブアームが他に類を見ないデザインで目を惹きます。

合わせ目は後頭部、サブアーム上面、腕部、ふくらはぎと多く見られるので、合わせ目の消しがいがありそうです。

ディティール

アクション

大太刀を持たせてポージング。

頭部アンテナ、上半身と下半身の接続、腰部のサブアームがポロリしやすく、自立も難しいのでポージング難易度が高いキットです。

大太刀を格納したバスタードメイスで振りかぶり。

バスタードメイスは重量がありますが、腕の角度を調整すると保持ができます。

腕部のクローを展開してディスプレイ。

4本のサブアームを展開するとバケモノ感が出て迫力があります。

その他付属品等

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ウルズハント』登場時に装備していたマントは付属しません。

付属ホイルシールでの色補填部分は多く、複雑な形状部分の色補填が多いのでシールを使用すると目立ちやすく、できれば塗装で対応したいです。

鞘としても機能するバスタードメイス、大太刀、短剣×4が付属します。

大太刀と短剣は柄の溝をイエローに、刀身の突起部分をレッドに塗装が必要です。

ランナー

ランナーAは「IBO ガンダムフレーム4」表記。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました