【ガンプラ素組みレビュー】 HG ガンダムバルバトスルプスレクス

ASW-G-8 GUNDAM BARBATOS LUPUS REX

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、「HG ガンダムバルバトスルプスレクス」のガンプラ素組みレビューです。

「狼の王」と名付けられたバルバトスは、その名が示す通り巨大な爪と鋭い尻尾を持ったデザインをはじめ、異様に大きい腕部と足部から醸し出されるアンバランスながらも不思議ときれいにまとまったシルエットからも感じられる獰猛さとスタイリッシュさを併せ持っており、その不思議な雰囲気を1/144スケールでも十分に感じられる完成度となっています。

パーツのポロリのなさや関節の保持力は鉄血HGとしては優秀ですが、手足の爪やテイルブレード等の面積が広めな要所の色分けが不足しているので、ポージング映えを目指すのであれば部分的な塗装は必須となります。

引用:バンダイホビーサイト
HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスレクス

フロント

いかり肩に長い腕、鋭い指先・足先と獰猛なシルエットがかっこよく再現されています。

合わせ目が目立ちにくいようにパーツ構成がされていて、正面からだと腕部の上面にみえますが、デザインとなじむような配置になっています。

サイド

側面から見ても合わせ目が目立たないようにパーツ構成が工夫されています。

バックパックに多少合わせ目が見えますが、デザインになじんでいるのでそれほど目立ちません。

リア

背部からはガンダムフレームがチラ見えし、複雑な構造が情報量を増やしています。

後頭部の下のほうにわずかと、テイルブレードの上面くらいにしか目立つ合わせ目はありません。

ディティール

アクション

超大型メイスは大迫力な反面、重すぎて地面につけないとポージングが難しいです。

股下に付属のアクションベース接続用のパーツをとりつけることで、躍動感あるポージングができます。

「HG ガンダムバエル」と「HG ガンダムヴィダール」と並べて劇中再現。

テイルブレードのブレード部分だけガンダムマーカーで部分塗装してみました。

比較

「HG ガンダムバルバトス 第4形態」(画像左)と並べてみました。

腕、手、足をはじめ各所のパーツがボリュームアップしているのと、なにより巨大化したメイスが大きな違いとなっています。

「HG ガンダムバルバトスルプス」も一緒に並べたくなります。

その他付属品等

付属ホイルシールは画像作例ではツインアイとひざのマーキングのみ使用しました。

色補填箇所が複雑な形状で面積が大きめな部分が多いので、できれば塗装しウェザリングまでしたほうがチープ感のない、泥臭くもスタイリッシュなバルバトスルプスレクスに仕上がります。

付属のリード線は太く保持力があるので、自在にテイルブレードを配置できます。

ハンドパーツは開き手と握り手の2種類が付属しますが、手の甲の装甲は使いまわしです。

超大型メイスは柄が伸縮式で、左画像が縮めた状態、右画像が伸ばした状態です。

超大型メイスを背部にマウントするときに使用する接続パーツ(左画像)と、本体をアクションベースに接続させるためのパーツ(右画像)が付属します。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました