【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー

ARX-014S SILVER BULLET SUPPRESSOR

『機動戦士ガンダムNT』より、「HGUC シルヴァ・バレト・サプレッサー」のガンプラ素組みレビューです。

機体の設定どおり、ドーベン・ウルフ→シルヴァ・バレト→シルヴァ・バレト・サプレッサーという開発系譜をランナーの流用という形で組み立てながら楽しむことができる興味深いキットです。

ランナーの流用が多い弊害としてパーツが様々なランナーに散らばって組み立てにくかったり(しかも余剰パーツが大量)、右腕が壊れる前提の運用の機体という設定もあって右腕を5本も作らなければならなかったりとクセの強いキットでもあります。

ですが、機体設定の忠実な再現がすばらしくデザイン自体も秀逸ということで人気があり、組み上げた後の満足感もとても高いものとなるでしょう。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 シルヴァ・バレト・サプレッサー

フロント

抑圧する者(サプレッサー)の名を持つ機体にふさわしく、ダーク基調のカラーリングで威圧感があり、脚がながいその巨体から存在感を放ちます。

正面から見たときの目立つ合わせ目は、腕部とビーム・マグナム上部くらいで完成度が高いです。

サイド

接地面積が小さくバックパックが重いのでやや不安定な感じはありますが、自立に問題はありません。

合わせ目としては、バックパック側面、胴体側面、肩の付け根、脚部サイドアーマー下部の装甲部分あたりですが、成形色が暗い色でぱっと見は目立ちにくいです。

リア

バックパックには4本の予備の右腕が格納されており、両腕含めそれぞれ縦に合わせ目が見えます。

パーツ分けが細かめでごつごつした立体感が表現されているので、合わせ目がでにくくしかも情報量が多い構造がうれしいですね。

ディティール

ギミック

シルヴァ・バレト・サプレッサーはビーム・マグナムの反動に耐えきれず、一射ごとに右腕を交換する必要があります。

機体設定どおり、右腕の交換ギミックも実装されています。

ひじと手首が可動する右腕が2本、一切可動しないフェイクの右腕が3本付属します。

アクション

ガンダムベースの展示方法を参考に、パッケージイラストのポージングを再現。

シルヴァ・バレト・サプレッサーはひざ立ちでのディスプレイが映えますね。

別売りのアクションベース4とアクションベース5を1セットずつ組み合わせて、シルヴァ・バレト・サプレッサー専用のディスプレイスタンドを作りました。

このディスプレイ方法は、ガンダムベースでのサンプル展示方法を参考にしています。

その他付属品等

付属ホイルシールで、サイドアーマーや脚部側面の細かい模様部分を中心に色補填可能です。

ハンドパーツは上から両手の開き手、両手の握り手、右手のビーム・マグナム持ち手が付属します。

ランナー

ランナーは他キットから多数流用で、ドーベン・ウルフ→シルヴァ・バレト→シルヴァ・バレト・サプレッサーとの開発系譜をランナーからも感じ取ることができます。

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました