【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC バウ量産型

AMX-107 BAWOO

『機動戦士ガンダムZZ』より、「HGUC バウ量産型」のガンプラ素組みレビューです。

古いキットではあるので、合わせ目が目立つところに発生、ゲート跡も目立ちやすい、塗装も必要、と多くの処理を必要とするので見栄えよく仕上げたいのであれば中~上級者向けのキットとなります。

とはいえ組み立て難易度は標準的でプロポーションやデザイン自体は高クオリティで完成しており、しかも変形ギミックもあるので初心者でも敬遠はせず楽しめるキットでもあります。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 バウ量産型

フロント

古い分類に入るキットですがプロポーションはかなり良く、スタイリッシュなバウが完成します。

とはいえ、やはり合わせ目はこれでもかと目立ってしまい、合わせ目消し等できれいに仕上げるにはかなりの腕前が必要そうです。

段落ち処理されているところもありますが、頭部、胴体、脚部、バックパック、ビーム・ライフルに目立つ合わせ目が。

サイド

横から見てもすらっとしていてスタイリッシュですね。

目立つ合わせ目は肩くらいではありますが、シールドは全塗装(詳しくは「ディティール」にて)が必要なレベルで色分けがされておらず、塗装スキルが要求されます。

リア

バーニア部分などやや色分けがさびしい部分があり、バックパックと両脚に縦に合わせ目が見えますが、デザイン自体が高クオリティでかっこいいのでその弱点がかすんで見えますね。

ディティール

アクション

ビーム・ライフルを構えてポージング。

アクションスタンドには対応していないので、基本的には接地のスタイルでディスプレイすることとなります。

ビーム・サーベルとシールドのメガ粒子砲で迎撃態勢。

サーベルはハンドパーツに差し込む形式ですが、しっかりフィットして保持してくれます。

上半身と下半身が分離し、バウ・アタッカーとバウ・ナッターとして独立運用ができます。

バウ・アタッカー

上半身を変形させることで、バウ・アタッカーとなります。

やや複雑な変形方法をしますが変形手順について説明書にあまり詳しく書いていないので、破損しないよう説明書の写真を見て慎重に変形させることをおすすめします。

バウ・ナッター

分離した下半身はバウ・ナッターとなります。

上半身とうってかわって単純な変形機構です。

その他付属品等

付属ホイルシールでの補填はモノアイとその周辺のみ。

画像作例では、モノアイが真正面にむいている(ウ)を使用しました。

「龍飛(一文字でバウと読む)」のマーキングシールも付属。

オレンジ色のバウ試作機にはマーキングがありますが、このグリーンのバウ量産機ではオミットされているので、原作再現派の方は使用することのない余剰品となります。

ランナー

商品リスト

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました