【ガンプラ素組みレビュー】 HGUC キュベレイMk-Ⅱ

AMX-004-2 QUBELEY Mk-Ⅱ

『機動戦士ガンダムZZ』より、「HGUC キュベレイMk-Ⅱ」のガンプラ素組みレビューです。

「HGUC キュベレイ」は2015年12月にリバイブ版がでていますが、この「HGUC キュベレイMk-Ⅱ」は旧HGUCのキュベレイをベースにしたキットです。

古めのキットですが造形やディティールがすばらしく、一部塗装が必要であったりシール色補填が多いことに目をつぶればイメージ通りのキュベレイMk-Ⅱが組めるキットとなっています。

素組み派の方で、手を加えずにより高クオリティのキュベレイMk-Ⅱを入手したい場合は、リバイブ版のキュベレイをベースしたプレミアムバンダイの、「HGUC キュベレイMk-Ⅱ(エルピー・プル専用機)」を購入するのも良い選択かと思います。

引用:バンダイホビーサイト
HGUC 1/144 キュベレイMk-II

フロント

大迫力のキュベレイMk-Ⅱを1/144で再現できます。

古いキットなので、関節がフニャフニャしてきれいに立たせるのが難しいですが、ホイルシールやマーキングシールをつかって手軽に色分けやディティールアップができます。

サイド

ダークネイビーとピンクのコントラストが映えます。

ショルダーバインダー内部のディティールがしっかり再現されており、キュベレイ系機体の特徴を楽しむことができます。

腕の側面に合わせ目が見えていますが、その他の目立つ合わせ目はありません。

リア

リアビューからのディティールも作りこまれています。

目立つあわせ目は、脚の裏側と足のかかと部分くらいです。

ディティール

比較

ホイルシールとマーキングシールを使用前(左画像)と使用後(右画像)を比較しました。

頭部のアイセンサーのみは、両方でホイルシール使用後となっています。

ピンクのホイルシールで色補填する部分をアップで撮影しました。

アクション

ビーム・サーベルを構えて。

持ち手の部分までクリアイエローで一体成型なので、持ち手はピンクに色分けが必要です。

飛行形態は首をぐっと上に動かすことで再現できます。

マニピュレーターは両手に開き手を使用。

アクションベースを接続する穴などはないので、アクションベース5の画像のパーツを使用することで飛行形態をディスプレイしました。

その他付属品等

ホイルシール(左画像)でアイセンサーとピンク色の大部分をカバーします。

アイセンサーは(ヒ)(フ)か(ヘ)(ホ)で選択式で、(ヘ)(ホ)を選ぶ場合は自分でカットしなければなりません。

マーキングシール(右画像)で、前後の肩部のネオ・ジオンのエンブレムを再現できます。

水転写式ではなく、摩擦で転写するタイプです。

ビーム・サーベルは持ち手まで1パーツなので、ピンクに塗装が必要となります。

腕に格納されるビーム・サーベル(左画像)にはビーム・サーベルのエフェクトパーツを取り付けることはできません。

ファンネル(右画像)は10個付属しており、ファンネルコンテナに格納します。

ランナー

旧「HGUC キュベレイ」の流用ランナーで構成されています。

商品リンク

DMM通販

Amazon

コメントをどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました